文化・歴史

市指定文化財 [天神社(てんじんじゃ)のツクバネガシ]

『天神社のツクバネガシ』の画像

【樹種】ツクバネガシ
【樹齢】約700年

このツクバネガシは、鎌倉時代の承久年間に初代笠間城主藤原時朝が城の鬼門にあたる大淵に領国鎮護の神として天神社を祀った時に、境内に植えられたと言い伝えがある。目通り幹囲4.6m、樹高約20mの巨木である。ツクバネガシはブナ科の植物で、本州中部以西の山地に生える常緑高木である。葉は革質で厚く、無毛で表面に光沢がある。県内では珍しく笠間地方には少ない木である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220