閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. 市指定文化財
  5. 市指定文化財 [笠間城跡(かさまじょうあと)]

文化・歴史

市指定文化財 [笠間城跡(かさまじょうあと)]

笠間城跡27.4
平成27年4月現在の笠間城跡
※東日本大震災により、天守曲輪の石垣や石段が崩壊するなど大きな被害があったため、修復に向けた工法等の検討をしています。
被災箇所には「立入禁止区域」を設けていますので、ご理解とご協力をお願いします。

【規模】37,000m2

城の地形は昔のまま残されているが、土塁は本丸跡の八幡台に見ることができる。また指定地外の大手門跡周辺にもある。曲輪(くるわ)は天守曲輪と本丸がそのまま残っており、指定地外には二の曲輪、三の曲輪、帯曲輪もある。また、空掘も天守曲輪と本丸跡にあり、さらに大手門跡周辺と三の曲輪の下にも見られる。石倉は自然石の奇石で当時の城の防衛の役割を果たしていた。石垣では天守曲輪に当時の姿がそのままあって、城郭に最もふさわしい形で残されている。指定地外には二の門跡、中の門跡、大手門跡の周辺にも見られる。石段は、天守曲輪に登る道が最もよく残っており、さらに本丸下の玄関門跡や中の門跡などの登城路にもある。建物跡は礎石として、天守櫓、八幡台櫓、宍ヶ崎櫓、東櫓、玄関門、二の門、中の門、大手門の各跡に見ることができる。井戸は帯曲輪近くの玉滴(たまだれ)の井戸が残っている。山城の山頂にそびえ立つ佐志能神社の拝殿は、二層の天守櫓を改造したもので、当時の材料をそのまま使用したものである。なお、真浄寺にある七面堂は、本丸南の土塁の上にあった八幡台櫓を移築したもので、県の文化財に指定されている。


※立入禁止区域について※ 

以下の区域については、崩落・倒木の危険性があるため、立入および駐車を禁止しています。

つつじ公園の無料駐車場をご利用ください。

立入禁止区域(倒木撤去後)

 

地図を見る:千人溜駐車場

※別ウィンドウで地図が表示されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化振興室です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220