閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. 市指定文化財
  5. 市指定文化財 [聖観音菩薩(木造 観世音菩薩立像(かんぜおんぼさつりゅうぞう))]

文化・歴史

市指定文化財 [聖観音菩薩(木造 観世音菩薩立像(かんぜおんぼさつりゅうぞう))]

観世音菩薩立像

【製作】鎌倉時代後期
【像形】像高:75cm

本像は寄木造で金箔が施してある。宝冠を着け、身に条帛(じょうはく)・裳(も)をまとい、伏目がちの半眼(玉眼)に見開く面相は柔らかく肉づけされて、おだやかな表情をしている。慶派(鎌倉初期の仏師運慶がはじめた様式)の流れをくむものと思われ、独尊としてまつられたものか、阿弥陀如来像の脇侍(わきじ)として製作されたものかは不明である。吉祥院は、医王山普門院吉祥寺といった天台宗の寺院だった。境内には、市指定天然記念物のイロハモミジや江戸時代につくられた石仏、石碑が多数ある。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220