閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. 市指定文化財
  5. 市指定文化財 [木造 弁才天(べんざいてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、大黒天(だいこくてん)三尊(さんぞん)と厨子(ずし)]

文化・歴史

市指定文化財 [木造 弁才天(べんざいてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、大黒天(だいこくてん)三尊(さんぞん)と厨子(ずし)]

弁才天、毘沙門天、大黒天三尊と厨子

【製作】鎌倉時代
【像形】主尊:弁才天8.5センチメートル厨子 高さ31.5cm、幅26.5cm、奥行16.5cm

この像は八臂の弁才天像を中心に、向かって右に大黒天、左に多聞天像がやや低く安置されている。
各像とも彩色が今も鮮明で細密な造りである。厨子は、外側は黒漆塗りで、扉の内側には、十五童子の姿が色彩豊かに描かれている。総体に、風格のある念持仏と厨子である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220