閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. 市指定文化財
  5. 市指定文化財 [木造 大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)]

文化・歴史

市指定文化財 [木造 大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)]

木造大日如来坐像

【製作】室町時代後期から江戸時代初期
【像形】像高38センチメートル、膝張30センチメートル、台座31センチメートル、光背の高さ:63センチメートル、光背の幅43センチメートル

本像は寄木造り、漆金箔塗りである。手は智挙印(ちけんいん)を結び、衲衣(のうえ)の条帛(じょうはく)もよく彫られている。光背は舟形光背で、頭光、身光の造りもよい。頭には宝冠を頂き、相容はふくよかである。正覚院の本尊として安置され、平成8年に修復し、現在は共有者が手厚い管理をしている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220