1. ホーム>
  2. 観光・文化>
  3. 文化・歴史>
  4. 市指定文化財>
  5. 市指定文化財 [毘沙門天立像(びしゃもんてんりゅうぞう)]

文化・歴史

市指定文化財 [毘沙門天立像(びしゃもんてんりゅうぞう)]

『毘沙門天立像』の画像

【製作】室町時代初期
【像形】像高:93センチメートル

本像は寄木造り、玉眼が入った仏像で彩色されている。邪鬼を踏んで立ち、左手に宝塔、右手に三叉戟をもった形である。毘沙門天像は、四天王の一つ多聞天ともいい、須弥山中腹に住み、夜叉を従えて北方の守護に当たると伝えられている。四天王中もっとも信仰を集め、七福神の一つに入れられている。また、本尊は平成8年に修復され、今の姿になった。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る