1. ホーム>
  2. 観光・文化>
  3. 文化・歴史>
  4. 市指定文化財>
  5. 市指定文化財 [童子立像(どうじりゅうぞう)]

文化・歴史

市指定文化財 [童子立像(どうじりゅうぞう)]

『童子立像』の画像

【製作】平安時代末期から鎌倉時代初期
【像形】像高33.5センチメートル

この童子像は無彩色、一木造りである。頭上の左右に髪を結び、顔には微笑みを浮かべた童(わらべ)風である。胴は素朴な角形で背面に「親鸞作」の墨書銘がある。現在歎異坊(たんにんぼう)と呼ばれる地域の小堂から発見されたことから、親鸞とのかかわりが深いと考えられる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る