1. ホーム>
  2. 観光・文化>
  3. 文化・歴史>
  4. 市指定文化財>
  5. 市指定文化財 [絹本着色 虚空蔵菩薩像(けんぽんちゃくしょくこくうぞうぼさつぞう)]

文化・歴史

市指定文化財 [絹本着色 虚空蔵菩薩像(けんぽんちゃくしょくこくうぞうぼさつぞう)]

『絹本着色 虚空蔵菩薩像』の画像

【製作】室町時代末
【形態】縦92.4センチメートル、横37.5センチメートル

やや荒目の絹に截金を貼っている。上部15センチメートルほどは、後代に補修されている。虚空蔵菩薩は、蓮華座に座って宝冠をかぶり、右手は掌を前に向けてさげた与願印(よがんいん)を結んでいる。虚空蔵菩薩が信仰を集めた最大の要素は、人間的な「知恵」、とくに「記憶」である。物事を暗記することを「空(そら)で覚える」とか「空(そら)んじる」というが、この「そら」は虚空蔵菩薩から転じたものである。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る