1. ホーム>
  2. 観光・文化>
  3. 文化・歴史>
  4. 笠間の歴史探訪(vol.51~)

文化・歴史

笠間の歴史探訪(vol.51~)

51. 筑波海軍航空隊跡 神風特攻で73名散華

 笠間市旭町地内にある県立こころの医療センターは、戦前、筑波海軍航空隊のあったところです。昭和9年(1934)8月、霞ヶ浦海軍航空隊友部分遣隊として設置され、戦闘機の搭乗員養成の基地でした。三式初練や九三式陸上中間練習機(赤トンボ)での飛行訓練が行われていました。同11年からは、若い予科練習生が入隊し、猛訓練が続きました。

 昭和12年7月、日中戦争が勃発すると、航空機の重要性が高まり、分遣隊から独立して筑波海軍航空隊になりました。この時、司令部庁舎が建築されました。

 昭和16年12月、太平洋戦争が始まると訓練も激しさを増していきました。「鬼の筑波か地獄の谷田部」と言われるほどの猛訓練でした。訓練は、一期50名で6カ月、教官1名が3、4名を指導しました。訓練を修了した兵士は激戦地に派遣され、その多くが東南アジア各地で戦死しました。

 昭和19年3月から、零戦配備の実践部隊となりました。同年秋には、フィリピン戦に神風特別攻撃戦法が採られ、筑波海軍航空隊からも25名が特攻要員に選ばれ、13名がフィリピンの海に散華しました。

 昭和20年になると、戦局は激しさを増し、2月には神風特別攻撃筑波隊が組織され、特攻訓練の命令が出されました。64名の特攻要員が選ばれ(後に84名)、急降下などの訓練が行われました。

 筑波隊は、鹿児島県鹿屋基地に進出し、4月6日に、第一筑波隊17名が沖縄近海に特攻をかけました。6月22日まで60名が散華しました。その大半は、大学を繰り上げ卒業して海軍に応募した飛行予備学生でした。

 昭和から平成の世になって、かつての筑波海軍航空隊員、遺族の間から慰霊碑建立の声が上がり、「筑波海軍航空隊ここにありき」碑が建立されました。平成11年(1999)6月3日に除幕式が挙行され、150名が参列しました。慰霊碑には、「万感の愛惜をこめてその鎮魂を祈り且は恒久の平和を念じてこの碑を建てる」と記しています。

 なお、筑波海軍航空隊司令部庁舎は、平成30年(2018)12月、笠間市の文化財に指定されました。

(市史研究員 南秀利)

 

『『筑波海軍航空隊司令部庁舎』の画像』の画像
筑波海軍航空隊司令部庁舎

『『慰霊碑』の画像』の画像

慰霊碑

 

 52. 小田五郎挙兵 難台城址追弔碑について 

 難台山中腹に「小田五郎挙兵難台城址追弔碑」(なんだいじょうしついちょうひ、以下「追弔碑」)という石碑があります。この碑が昭和9年(1934)に建立された経緯について考えてみます。

 14世紀後半、常陸国南部の小田氏の一族小田五郎藤綱(ふじつな)が、下野国(栃木県)の小山氏の一族小山若犬丸(わかいぬまる)と盟を結び、南北朝時代末期の嘉慶元年(元中4年・1387)、関東八州を支配する鎌倉公方足利氏満(うじみつ)に背いて挙兵し、難台山に立てこもりました。力戦奮闘の末、翌年5月18日、主将小田五郎は手兵100余名と共に討死し、客将小山若犬丸は再起を図り脱出しました。当時は、北朝の天皇を擁立した足利政権による全国支配がほぼ完成した時期でした。

 次に、「追弔碑」が建立された経緯を考えてみると、昭和9年は後醍醐天皇による建武中興(現在は「建武の新政」とよぶ)から数えて600年後に当たり、一部の軍人・神職・歴史家などにより、後醍醐天皇と南朝の忠臣の功績を顕彰する「建武中興600年記念事業」が全国各地において挙行されました。旧岩間町においても、同年3月に南朝の忠臣小田五郎追弔祭が岩間小学校(現岩間第一小学校)にて挙行され、岩間町長はじめ約1,000名が参列しました。

 その後、町民の寄付金により小田五郎の「追弔碑」が建てられることになり、高さ4.5m、幅1.8mに余る仙台石に、町長梅里好文揮毫(うめさとこうぶんきごう)による「小田五郎挙兵難台城址追弔碑」という銘が刻まれ、難台山中腹に建立されて現在に至っています。

 なお、旧堅倉村(小美玉市)納場の小林虎男氏が難台山麓で拾得して自家に保管していた「小田五郎」と刻まれた墓碑らしき石碑(高さ25cm・幅20cm)も、旧岩間町に寄贈されて、「追弔碑」の傍らの祠の中に格納されています。

 また同年5月、笠間市泉にある藤塚と呼ばれる円墳から、後醍醐天皇の側近藤原藤房(ふじふさ)の銘碑が発見されたため、藤房の命日を卜して同年10月10日慰霊祭が挙行されて、翌年藤塚古墳上に「藤原藤房卿遺跡」なる石碑が建立されました。

(市史研究員 萩野谷洋子)

 

『小田五郎追弔碑』の画像

小田五郎追弔碑

 

53. 笠間・花香町の木造子育地蔵菩薩坐像

 笠間市街の昭和町通りすぐ東側を南北に貫く通りが、江戸時代に笠間藩主が参勤交代に利用した道である。その道筋に沿った花香町地内の第十八区集会所東奥の地蔵堂に、この地蔵菩薩坐像は安置されている。かつては隣接する桜台の泉福寺(せんぷくじ)境内の地蔵堂に祀られていた。明治初めの廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の潮流の中で同寺が廃寺となり、花香町の人々が譲り受け、町内に地蔵堂を建て守ってきた。平成11年(1999)、神奈川県秦野市在住の仏師小島弘氏により解体修復され、翌年、笠間市の文化財の指定を受けた。

 像容は、像高20cm、左の掌に宝珠(ほうじゅ)を載せ、右手に錫杖(しゃくじょう)を持ち、岩座の上に蓮台ごと載る姿である。小島弘師が、私たちの面前で割矧ぎ造りの同像を解体して像内を見せて下さった。胸裏と背裏両部分に墨痕鮮やかな銘文が現れ、その内容に驚かされた。原文は漢文体で、意訳すると次のようになる。胸裏部分には、文明11年(1479)10月19日、笠間馬場郷の瑞竜菴(ずいりゅうあん)にて京都の院派仏師・院永(いんえい)作とあり、京都の住所も記されている。背裏部分に、笠間・馬場郷の住人市毛内匠助(いちげたくみのすけ)藤原朝臣(あそん)家正の一周忌に造立したと、慈母妙浄(じぼみょうじょう)の署名がある。

 当時の日本は、応仁元年(1467)から11年余にわたり京都市街を戦場に戦闘が繰り広げられた(応仁の乱)。戦乱は全国に波及、その後の約100年は戦国時代となる。貴族や僧侶の中には都を離れて地方へ避難する者も現れ、中央の文化が地方へ伝播する契機ともなった。水墨画の巨匠雪舟等楊(せっしゅうとうよう)が、現在の山口市へ移り住み京風文化が育まれ、後に同地は「小京都」と呼ばれるようになる。

 平安・鎌倉時代以降、仏像彫刻の分野で日本を代表する院派の仏師が、戦乱を避けて来笠し、当地で仏像制作をしていることは注目に値する。さらに、文明7年(1475)8月の笠間城の鎮守・三所神社の棟札写には、城主笠間綱久(つなひさ)による同社の屋根の葺き替え記録がある。その折の普請奉行が市毛内匠助家正とあり、地蔵像の胎内銘文中の市毛家正の存在を裏付けている。

(市史研究員 矢口圭二 )

『胸裏部の墨書銘』の画像

胸裏部の墨書銘

『木造子育て地蔵菩薩』の画像

木造子育て地蔵菩薩

 


 

笠間の歴史探訪(vol.41~vol.50)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る