1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 防災・防犯>
  4. 避難所開設時における感染症対策対応基本方針

くらし・手続き

避難所開設時における感染症対策対応基本方針

避難所における感染症(新型コロナウイルス等)対策

 災害時に開設する避難所では、「3つの密(密閉・密集・密接)」が重なりやすく、 感染症(新型コロナウイルス等)の感染リスクが高くなると考えられます。 本市では、避難所開設時における感染症対策対応基本方針を策定し、(別添参照) 感染症(新型コロナウイルス)対策として、 避難所の開設数を増やすとともに、密集・密接を避けるためのスペースの確保、 換気や衛生対策の徹底などに努めていきます。 皆様におかれましても、これを機会に地震や大雨・台風のときに どうすればよいのか「新型コロナウイルスの感染リスク」も踏まえ、 日ごろからの備えと災害時の避難行動を改めて確認してください。

※「避難」とは「難」を「避」けることであり、自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難所に 行く必要はないと考えます。 本当に避難所に行く必要のある方を、 適切に受け入れられるようご協力ください。 自宅が危険な場合も、避難先は市が開設する避難所だけではありません。 安全な親戚・知人宅に避難することも事前に考えましょう。

 

避難所開設時における感染症対策対応基本方針pdf(PDFファイル2ページ 75.15KB)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 危機管理室です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0612

スマートフォン用ページで見る