目的の情報を探し出す便利な検索

読み上げる

市民生活

  1. ホーム
  2. 市民生活
  3. 保健・医療
  4. 予防接種・感染症
  5. HPVキャッチアップ接種(HPVワクチンの接種の機会を逃した方のための接種)

HPVキャッチアップ接種(HPVワクチンの接種の機会を逃した方のための接種)

令和4年4月から行われているHPVキャッチアップ接種は、令和6年度末で終了となります。
HPVワクチンのキャッチアップ接種は3回の接種が必要です。1回目の接種から接種完了までに約6か月かかるため、希望する場合はできるだけ早く接種しましょう。(これまでに1回も接種していない方は、9月までには接種を開始しましょう)
HPVワクチン接種に関する効果や副反応等気になる方は、厚生労働省ホームページHPVワクチンに関するQ&Aこちらのリーフレットをご覧ください。

対象年齢

平成9年度~平成19年度生まれ(平成9年4月2日~平成20年4月1日生まれ)の女性
※過去にHPVワクチンを合計3回接種していない方が対象です。

接種期間

令和7年3月31日(月曜日)まで

接種費用

無料(接種期間を過ぎて接種する場合、3回接種で約8~10万円かかります)

接種方法

予防接種協力医療機関に予約のうえ、予診票・母子健康手帳・健康保険証を持参し、医療機関で接種をうけてください。
予診票は令和5年4月に対象者に送付しています。

予診票について

笠間市に転入した方や予診票を紛失した方は、いばらき電子申請・届出サービスまたは健康医療政策課窓口で再発行の申請を行ってください。

予防接種協力医療機関

ワクチンの種類

公費で接種できるワクチンは、2価ワクチン(サーバリックス)、4価ワクチン(ガーダシル)、9価ワクチン(シルガード9)の3種類です。決められた間隔をあけて、同じワクチンを合計3回接種します。

接種スケジュール

  • 2価ワクチン(サーバリックス)1か月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種
  • 4価ワクチン(ガーダシル)2か月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種
  • 9価ワクチン(シルガード9)2か月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種

HPVキャッチアップスケジュール

上記のスケジュールでできない場合
  • サーバリックスは(※1)1回目から1か月以上あける。(※2)1回目から5か月以上、2回目から2か月半以上あける。
  • ガーダシルは(※3)1回目から1か月以上あける。(※4)2回目から3か月以上あける。
  • シルガード9は(※5)1回目から1か月以上あける。(※6)2回目から3か月以上あける。

参考

定期のHPVワクチン接種等の予防接種について

子宮頸がん検診について

20歳以上の方は、HPVワクチン接種の有無に関わらず、定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。
市で行っているがん検診についてはこちらをご覧ください

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康医療政策課です。

〒309-1734 笠間市南友部1966番地1

電話番号:0296-77-9145 ファクス番号:0296-77-1107

スマートフォン用ページで見る