まちづくり

住まい

 市では、空家及び空地を有効活用するための空家・空地バンク制度のもと、貸したい方と借りたい方のマッチングに向けた支援に取り組み、高い成約率を誇っています。また、移住体験施設「かさちょこHOUSE」を利用して短期間の暮らしの体験をすることで、安心して移住・二地域居住の準備をすることができます。

 

        『かさちょこHOUSE』の画像      『クラインガルテン』の画像

            移住体験施設「かさちょこHOUSE」              笠間クラインガルテン

笠間での暮らしを体験する

事業名

移住体験施設「かさちょこHOUSE」

田舎暮らしを考えている方が一定期間滞在し、笠間での暮らしを体験できる施設を用意しています。(1泊2,000円(光熱費))

笠間クラインガルテン

生活の第二の拠点として、地域住民と交流しながら草花や野菜を栽培し、心身ともにリフレッシュできる滞在型市民農園です。(年間約41万円/1区画(1年間)※最長5年間更新可)※現在は空きはございません。

 

笠間で住まいを探す

事業名

空家・空地バンク制度 

空家・空地バンク制度は、売却や賃貸を希望する所有者から申し込みを受けた市内にある空家や空地の情報を登録し、利用希望者に空家等の情報を提供する制度です。登録物件はこちらからご覧ください。空家・空地バンク登録物件一覧

空家活用支援補助金

空家・空地バンクに登録されている空家を修繕する方及び空家(登録物件)を取得または賃借する方に対し、予算の範囲において、笠間市空家活用支援補助金を交付します。

 <修繕補助> 修繕費の2分の1以内(50万円を限度)

 <取得補助> 取得費の3パーセント以内(30万円を限度)

   <賃借補助> 家賃2か月分に相当する額(10万円を限度)

 

※補助金支援制度が必ず適用されることを保証するものではありません。適用が可能かどうかは各担当窓口までお問合せの上、ご確認ください。
※すべての補助金・支援制度が記載されているわけではありません。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企業誘致・移住推進課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1324

スマートフォン用ページで見る