くらし・手続き

個人住民税

住民税ってなに?

市や県では、市民のみなさんがよりよく暮らしていけるようにいろいろな仕事をするため、たくさんのお金が必要となります。それにはみなさんに税金という形でお金を出し合っていただかなければなりません。いわば、暮らしていくために払う会費のようなものと思っていただいてかまいません。
なかでも、身近にかかわりをもつ仕事のためのお金は住民税と呼ばれ、みなさんの能力にあわせて分けて出し合い納めていただきます。
この住民税はみなさん各個人で納めていただく個人住民税と会社などの法人で納めていただく法人住民税に大きく分けられます。

個人住民税(市県民税)とは

個人住民税は、市に支払う個人市民税と県に支払う個人県民税に分けられていますが、実際納めていただく場合はまとめて支払っていただくので合わせて市県民税と呼んでいます。
この市県民税がどのようにかけられていくのかについては、順を追って説明していきます

どのような人が納めるのか

その年の1月1日現在に笠間市に住所がある方になります。もし、1月1日に他の場所に住んでいた場合は、その年の税金はその住んでいた市区町村に納めていただくことになります。
あくまでも1月1日どこに住んでいたかで判断しますので、他の市区町村と二重にかけることはなく、1年度ごとに決めていきます。

何をもとにして計算するのか

その年の前年の1月1日から12月31日までの1年間に受け取った収入からそのためにかかった経費(必要経費)等を差し引いたお金をもとに計算します。このもとになるお金を所得と呼びます。
この所得の計算は前年の分をもとにしますので、1年遅れて税金がかかる形になり、どうしても現在の収入とは差が出てしまう場合も多くあります。

税をかける方法は

所得をもとに計算する所得割と納められる能力のある方に均等の額をかける均等割の二つに分けられます。

市県民税のかからない人とは

税金を納める方法と時期は

市県民税を納める方法は、大きく普通徴収特別徴収に分かれています。

申告について

市県民税の額を決めるには、「みなさんにどのような収入や控除(差し引かれるもの)があったのか」わからない部分があるので、毎年、一定の時期に申告を行い申告書を提出していただかなければなりません。
また、国民健康保険税や介護保険料の額を決める資料や所得証明、課税証明など市役所で証明書を発行するもとにもなるので、その年の1月1日に笠間市に住所のある方は必ず申告は行っていただかなければなりません。
ただし、申告をする必要がない場合もあります。

  • 申告をする必要がない方
  • 申告をする期間
    通常は、その年の2月16日から3月15日の1ヶ月の間に行います。くわしい日程については、そのたびに、広報やホームページなどでお知らせします。

※ 詳しくは、担当課までお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-9628

スマートフォン用ページで見る