閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 市政
  3. プロフィール
  4. 市長の部屋
  5. 市長コラム
  6. 平成21年度
  7. 市長コラム「ドイツ ラー市訪問」(平成21年12月)

市政

市長コラム「ドイツ ラー市訪問」(平成21年12月)

こんにちは市長室です

「ドイツ ラー市訪問」

 10月19日~23日までドイツのラー市を、菊まつりを縁として、市村市議会議長、塙宮司をはじめとする笠間稲荷神社関係者、そして私と10名で訪問をしてまいりました。
 昨年ラー市のミュラー市長らが笠間市を訪れた際にラー市への訪問を要請され、本年招待状を頂き、今回の訪問に至りました。
 ラー市は、ドイツで唯一菊まつりを行なっており、人口は4万5000人、ドイツ南部フランス国境に近く、中世の城壁に囲まれた美しい街並みの都市であります。
 ラー市の菊まつりは、美しい街並みと鮮やかな菊の色とが調和し、飾り付けについては、笠間の菊まつりとはまた違った工夫がしてありました。例えば、街灯、建物のベランダ等に菊を飾りつけたり、歩道に菊を並べたりしてありました。
 もう一つ大きな特徴は、菊まつり期間中は、市内のレストランが、菊入りのスープ、菊入りのアイスクリーム、ムース、菊のビールなど、菊に関する料理をメニューに取り入れていました。笠間でも必要と感じました。
 さらに、菊まつりを実施するには多額の経費も必要であり、市から5,000万円ほどの負担と、地元経済会からの協力、そして市民の強い思いと協力があるとのことでした。どこにおいても、お金はかかるものであり、一方で市民の協力も必要不可欠であります。
 3泊5日の強行日程でありましたが、ラー市ミュラー市長をはじめ市議会、経済会関係者との交流を図ることができ、有意義な訪問でありました。今後、菊まつりを通じ、どのような交流を図っていくかが、一つの課題であります。遠い国であり、頻繁に行き来をするのは難しいですが、菊作りの職人さんの交流や、市の情報交換、子どもたちの作品交流等、各方面の意見を聞き、国際交流の観点からも形式的交流でなく、自由で永続的な交流を行なってまいりたいと考えています。

平成21年10月30日

 

笠間市長 山口 伸樹

 

バックナンバー

「指導者」(平成21年11月号)
「コラム」(平成21年10月号)
「亀の甲より年の功」(平成21年9月号)
「8月15日」(平成21年8月号)
「顔」(平成21年7月号)
「図書館貸し出し日本一」(平成21年6月号)
「国への感謝、注文」(平成21年5月号)
「出会い」(平成21年4月号)

 平成20年度市長コラムへ 
 平成19年度市長コラムへ 
 平成18年度市長コラムへ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-78-0612