1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 下水道>
  4. 公共下水道>
  5. 下水道使用料について

くらし・手続き

下水道使用料について

公共下水道を使用すると・・・

水設備の工事が終了して公共下水道を使用し始めますと、「公共下水道使用料」がかかります。

みなさまのご家庭や事業所から排水された汚水は、浄化センターに集められ、微生物による汚れの分解、薬品による殺菌などの処理をされ、きれいな水となって涸沼川へ放流されます。

これら浄化センターの運転管理、あるいは汚水管の清掃・修理など施設機械の維持管理には、たくさんの費用がかかります。この費用にあてるため、公共下水道をご利用される方に公共下水道使用料を納めていただくことになります。

使用料の算定方法

公共下水道使用料は、原則的には上水道の使用水量に基づいて算出されますが、井戸水などの自家水を使用している場合には、その用途や形態などを調査し認定して算出いたします。

使用水量の認定

(1) 水道水のみを使用している場合

水道水のみを使用している場合は、水道水の使用水量を、公共下水道使用水量とします。

(2) 井戸水のみを使用している場合

A.家庭用として公共下水道を使用する場合は、1人1ヶ月7m3と認定し、公共下水道使用水量とします。

B.事業用として公共下水道を使用する場合は、井戸水の使用状況を勘案して公共下水道使用水量を認定します。使用水量を認定するのに必要がある場合は、量水器を設置することができます。

(3) 水道水と井戸水とを併用している場合

A.家庭用の場合は、水道水の使用水量と井戸水の使用水量(1人1ヶ月7m3)のどちらか多い方の使用水量を、公共下水道使用水量とします。

B.事業用の場合は、水道水の使用水量と井戸水の認定使用水量を合計した水量を、公共下水道使用水量とします。

公共下水道使用料金表

岩間地区の下水道使用料は平成20年4月請求から次の表のとおり変更となります。

*なお、笠間地区、友部地区の下水道使用料は変更ありません。

区分基本料金(2月につき)超過料金(1m3につき)
汚水量金額汚水量金額
一般汚水 20m3まで 2,800円 20m3を超え 40m3まで 140円
40m3を超え 60m3まで 150円
60m3を超え200m3まで 160円
200m3を超えるもの 170円
浴場汚水 20m3まで 2,800円 20m3を超えるもの 40円

※1 一般汚水とは、浴場汚水以外の全ての汚水をいいます。

※2 浴場汚水とは、公衆浴場法第2条第1項の規定により茨城県知事の許可を受けた公衆浴場で、物価統制令の適用を受けるものから排除される汚水をいいます。

※3 上記表の区分によりがたいときは、そのつど市長が定めます。

使用料の算定例

(1) 水道水のみを使用している場合

例)水道水の使用水量が2ヶ月で60m3の場合

→水道使用水量を公共下水道使用水量とします。この使用水量に対する2ヶ月当たりの使用料は、

20m3まで : 基本料金 2,800円
21~40m3 : 140円/m3×20m3= 2,800円
41~60m3 : 150円/m3×20m3= 3,000円

小計 8,600円
消費税 : 8,600円×8%= 688円

合計 :   9,288円

となります。


(2) 井戸水のみを使用している場合

例)4人家族の場合

→1人1ヶ月当たり7m3と認定します。この例では4人家族なので、2ヶ月の公共下水道使用水量は7m3/人・月×4人×2ヶ月=56m3となります。この使用水量に対する2ヶ月当たりの使用料は、

20m3まで : 基本料金 2,800円
21~40m3 : 140円/m3×20m3= 2,800円
41~56m3 : 150円/m3×16m3= 2,400円

小計 8,000円
消費税 : 8,000円×8%= 640円

合計 :   8,640円

となります。


(3) 水道水と井戸水とを併用している場合

例1)5人家族で、水道水の使用水量が2ヶ月で60m3の場合

井戸水の使用水量を1人1ヶ月当たり7m3と認定します。この例では5人家族なので、2ヶ月の公共下水道使用水量は7m3/人・月×5人×2ヶ月=70m3となります。これに対して、水道水の2ヶ月の使用水量は60m3で、井戸水の認定水量の方が水道水の使用水量よりも多いので、井戸水の方を採用して、公共下水道の使用水量を70m3とします。この使用水量に対する2ヶ月当たりの使用料は、

20m3まで : 基本料金 2,800円
21~40m3 : 140円/m3×20m3= 2,800円
41~60m3 : 150円/m3×20m3= 3,000円
61~70m3 : 160円/m3×10m3= 1,600円

小計 10,200円
消費税 : 10,200円×8%= 816円

合計 :   11,016円

となります。

例2)5人家族で、水道水の使用水量が2ヶ月で80m3の場合

井戸水の使用水量を1人1ヶ月当たり7m3と認定します。この例では5人家族なので、2ヶ月の下水道使用水量は7m3/人・月×5人×2ヶ月=70m3となります。これに対して、水道水の2ヶ月の使用水量は80m3で、水道水の使用水量の方が井戸水の認定水量よりも多いので、水道水の方を採用して、公共下水道の使用水量を80m3とします。この使用水量に対する2ヶ月当たりの使用料金は、

20m3まで : 基本料金 2,800円
21~40m3 : 140円/m3×20m3= 2,800円
41~60m3 : 150円/m3×20m3= 3,000円
61~80m3 : 160円/m3×20m3= 3,200円

小計 11,800円
消費税 : 11,800円×8%= 944円

合計 :   12,744円

となります。

使用料のお支払い方法

お支払いは、2ヶ月分の使用料を2ヶ月に1回お支払いただきます。お支払方法は、口座振替制度と納入通知書による方法があります。

口座振替制度は、お忙しい方、留守がちな方、商売をされているご家庭では大変便利です。下記の金融機関のうちで皆様の取引銀行の預金口座から自動的にお支払いができます。ご希望の方は、口座振替依頼書をご提出ください。

  • 常陽銀行 本・支店
  • 筑波銀行 本・支店
  • 水戸信用金庫 本・支店
  • 結城信用金庫 本・支店
  • 茨城県信用組合 本・支店
  • 中央労働金庫 本・支店
  • 常陸農業協同組合 本・支店
  • ゆうちょ銀行 各郵便局

納入通知書による方法は、口座振替制度をご利用できる金融機関以外に、笠間市役所本所・各支所の指定金融機関派出所でもお支払いができます。

公共下水道の使用を開始したいときは

公共下水道の使用を開始する場合は、使用開始届を提出してください。ただし、公共下水道が使える地域で水道を開始する場合は、水道の開始届のみでけっこうです。

使用開始届は、排水設備指定工事店、笠間市上下水道部下水道課、笠間市役所本所・各支所にあります。

使用者や井戸水人数などの変更または使用を中止する場合もご連絡下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは下水道課です。

〒309-1723 笠間市矢野下750番地(浄化センターともべ内)

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0854

スマートフォン用ページで見る