1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 福祉>
  4. 介護保険>
  5. 利用者負担の軽減について(高額介護サービス費/高額医療・高額介護合算制度)

保険・福祉・医療

利用者負担の軽減について(高額介護サービス費/高額医療・高額介護合算制度)

高額介護(予防)サービス費

同じ月に利用した介護サービスの利用者負担(サービス費用の1割又は2割相当額)の合計が、下記の上限額を超えたときには、超えた分が「高額介護(予防)サービス費」として支給されます。給付を受けるには、市への申請が必要です。

自己負担の上限額(月額)

区分 平成29年7月まで 平成29年8月から
現役並み所得者相当の方がいる世帯の方 44,400円(世帯) 44,400円(世帯)
世帯のどなたかが市民税を課税されている方 37,200円(世帯)

44,400円(世帯)
※同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービス
を利用していない方を含む)の利用者負担割合
が1割の世帯は、年間上限額446,400円が
設定されます。

世帯全員が市民税を課税されていない方 24,600円(世帯) 24,600円(世帯)
  (世帯全員が市民税を課税されていない方)
前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が80万円以下の方など
24,600円(世帯) 24,600円(世帯)
15,000円(個人) 15,000円(個人)
生活保護の受給者の方など 15,000円(個人) 15,000円(個人)

※上記表中「世帯」とは、住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用者した方全員の負担の合計の上限額を指し、
 「個人」とは、介護サービスを利用したご本人の負担の上限額を指します。

申請方法

高額介護(予防)サービス費の支給対象者には、市から「お知らせ」と「申請書」を送付します。(通常、介護サービスを利用した月の3カ月後となります。)同封されている「申請書」に必要事項を記入・押印の上、笠間市高齢福祉課又は各支所福祉課に提出してください。一度申請書を提出しますと、以降高額介護(予防)サービス費の支給に該当した場合、対象月ごとの申請手続きは不要となります。また、支給対象者(被保険者)様ご本人がお亡くなりになられた場合、法定相続人により申請が可能です。
なお、サービス提供月の翌月の1日(利用者が、翌月以降に利用料を支払った場合は、支払った日の翌日)から2年を経過すると時効の成立により申請ができなくなりますので、ご注意ください。また、介護保険料の滞納があると、高額介護(予防)サービス費の支給が受けられない場合がありますので、ご注意ください。

高額医療・高額介護合算制度

同一世帯内で介護保険と国民健康保険の両方を利用して、介護と医療の自己負担額が上限額を超えた場合には、超えた分が払い戻される制度です。詳しくは、保険年金課のこちら(新しいウインドウで開きます)のページをご覧ください。

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1162

スマートフォン用ページで見る