1. ホーム>
  2. まちづくり>
  3. 空き家>
  4. 空き家バンク制度

まちづくり

空き家バンク制度

「笠間市空き家バンク制度」は、市内の空き家を有効活用し、笠間市民と都市住民の交流拡大及び定住の促進により地域の活性化を図るとともに、地域の景観保全を推進するための制度です。
 
こんな方はぜひご登録ください!

・息子夫婦と同居が決まって、今の自宅をどうしようか悩んでいる。
・空き家を利用して笠間市に移住したい。など

 

1 空き家バンク制度について

空き家バンク制度は、売却や賃貸を希望する所有者から申し込みを受けた市内にある空き家情報を登録し、利用希望者(市に定住または定期的な滞在を目的として、空き家バンクに登録された空き家の利用を希望する方)に空き家の情報を提供する制度です。

『空き家バンク制度』の画像

 

2 対象となる空き家

市内に居住を目的として建築し、現に居住していない、または近く居住しなくなる予定の建物
※以下に該当する空き家は対象外になります。
・賃貸または分譲を目的として建築された建物
・倒壊等の危険性がある空き家
・生活の場として機能しない空き家など

 

3 登録について

対象者 空き家の売却・賃貸を希望する所有者
(売りたい・貸したい方)
空き家の利用希望者
(買いたい・借りたい方)
要件 市内にある空き家の所有権又は売却もしくは賃貸を行う権利を有する方 定住または定期的な滞在を目的として、空き家バンクに登録された空き家の利用を希望する方で、次の要件を満たしている方
・空き家に定住及び定期的に滞在して、経済、教育、文化、芸術活動等を行うことにより、地域の活性化に寄与できる方
・空き家に定住及び定期的に滞在して、笠間市の自然環境、生活文化等に対する理解を深め、地域住民と協調して生活できる方
申込方法 以下の書類に必要事項を記入のうえ、都市計画課へご提出ください。
(1)笠間市空き家バンク登録申込書(様式第1号)
(2)笠間市空き家バンク登録カード(様式第2号)
以下の書類に必要事項を記入のうえ、都市計画課へご提出ください。
(1)空き家バンク利用登録申込書(様式第7号)
(2)誓約書(様式第8号)
留意事項 ※宅地建物等取引業者に管理又は仲介を委任している場合は、当該委任業者との連名によって提出する必要があります。
※空き家バンクへの登録が認められた場合、空き家に関する情報は広く公開いたします。
※空き家の転売及び転貸を目的とする方、集団的・常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある組織の構成員等については申請することができません。

※物件の売買、賃貸借に関する交渉や契約等の仲介は宅地建物取引業者等に依頼するため、市は関与しませんので、あらかじめご了承ください。

4 空き家バンク物件情報

現在空き家バンクに登録されている物件については、「空き家バンク 登録物件一覧」のページをご覧ください。


5 その他支援制度

◎笠間市空き家活用支援補助金
空き家バンク制度に登録されている空き家(登録物件)を修繕及び取得又は賃借する場合に、予算の範囲内において、笠間市空き家活用支援補助金を交付することができます。
詳細については、「空き家活用支援補助金」のページをご覧ください。

 

6 空き家バンク制度の様式

空き家バンク制度の登録、抹消などに必要な書類は、以下の関連ファイルのほか、「空き家バンク制度様式」のページからダウンロードすることができます。

 

7 その他

市では空き家等が放置され、管理不全な状態となることを防止するため、公益社団法人 笠間市シルバー人材センターと「空家等の適正な管理の推進に関する協定書」を締結しました。
所有者から依頼のあった空き家等の見回り点検などを1回2,000円(事務費別)で行っております。
詳細については、こちらのページをご覧ください。

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市計画課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-5009

スマートフォン用ページで見る