閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. 県指定文化財
  5. 県指定文化財 [葆光彩磁葡萄紋様花瓶(ほこうさいじぶどうもんようかびん)] 板谷波山作

文化・歴史

県指定文化財 [葆光彩磁葡萄紋様花瓶(ほこうさいじぶどうもんようかびん)] 板谷波山作

葆光彩磁葡萄紋様花瓶

【製作】 大正11年(1922年)
【形態】 寸法 高さ13.9cm、口径10.3cm、胴径21.6cm、底径 9.0cm

この作品は、純白の肌に葡萄唐草紋様が薄い絹地を被せたような潤いのある葆光紬の下で淡い微妙な色あいで浮かび上がる。葡萄の実は淡紅色から紫に、葉は緑と青を合わせたような光を放って、その美しさは器の内面からにじみ出るかのようである。紬調といい、意匠といい、小品ながら波山葆光彩磁の傑作の一つといえよう。なお、葆光とは光沢をかくすこと、物の線や界をやわらかく薄く表すことをいう。波山の葆光彩磁は、彩磁における透明紬のかわりに薄絹を透かして見るような失透性の紬をかけたもの。葆光紬は、長石分や石灰分のほかに炭酸マグネシウムも加えている。波山の『釉薬調合帳』 によると、焼成温度に関しては「1230度位にてマット釉となる」などの記載がみえる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220