閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. 県指定文化財
  5. 県指定文化財 [木造不動明王像及び両童子]

文化・歴史

県指定文化財 [木造不動明王像及び両童子]

木造不動明王像及び両童子

【製作】 室町時代
【像形】 不動明王79cm、 矜羯羅(こんがら)童子72cm、 制咤迦(せいたか)童子73cm

本像は、永正元年(1504)造立とある。不動明王は、寄木造りで彩色があり、玉眼嵌入、頭上に八葉蓮華を頂き、右手に宝剣、左手に羂索(けんさく)を持ち、岩座に座る。 矜羯羅(こんがら)童子(どうし)は、寄木造りで彩色があり、玉眼嵌入、右手を下げ持物を持つ。左手は頭髪のあたりにかざし、岩座に立っている。 制咤迦(せいたか)童子(どうし)は、寄木造りで彩色があり、玉眼嵌入、右手を下げ持物を持つ。左手は頭髪のあたりにかざし、岩座に立っている。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220