農業・商工業者向け情報

中山間地域等直接支払交付金

中山間地域等直接支払交付金とは

中山間地域は流域の上流部に位置することから、中山間地域の農業・農村が持つ水源かん養、洪水の防止、土壌の浸食や崩壊の防止などの多面的機能によって、下流域の都市住民を含む多くの国民の財産、豊かな暮らしを守っています。
しかし、耕作不利な条件から農業生産性が低く、農業所得・農外所得ともに低い状態となっています。また、農村地域は全国平均よりも高齢化が進んでいますが、特に中山間地域等は高齢化が進行しています。

そこで、農業生産条件が不利な状況にある中山間地域等における農業生産の維持を図りながら、多面的機能を確保するために平成12年度から導入されたのが、この中山間地域等直接支払制度です。

平成27年度からは「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」の施行によって法律に基づく安定した制度として農業者が安心して取り組める事業となりました。

パンフレット

 

制度の概要と対象となる地域および農用地

制度の概要
農業生産条件の不利な中山間地域において、集落等を単位に、農用地を維持・管理していくための取決め(協定)を締結し、それにしたがって農業生産活動等を行う場合に、面積に応じて一定額を交付する制度です。

対象となる地域
地域振興立法で指定された地域において、傾斜がある等の基準を満たす農用地。
笠間市内では、旧大池田村、旧北山内村、旧南山内村、旧西山内村内の傾斜がある等の基準を満たす農用地。

対象となる農用地
緩傾斜地(田:1/100以上1/20未満)

対象者

集落等を単位とする協定を締結し、5年間農業生産活動等を継続する農業者等

交付単価

地目区分交付単価
(円/10a)

緩傾斜(1/100以上1/20)

8,000円

 

関係機関ホームページ

中山間地域等直接支払制度の概要について
農林水産省ホームページ「中山間地域等直接支払制度」(新しいウインドウで開きます)
中山間地域等直接支払制度関連情報
関東農政局ホームページ「中山間地域等直接支払制度」(新しいウインドウで開きます)

 

活動を始める前に作成する書類

様式形式
PDF形式
WORD形式
EXCEL形式
集落協定様式
『PDFアイコン大』の画像2(435KB)
(新しいウインドウで開きます) 
‐ 
 『Excel』の画像2(967KB)
(新しいウインドウで開きます)

 

笠間市の活動状況

笠間市では、平成12年度の第1期対策から、2集落が活動に取り組んでいます。

 

笠間市の活動状況(平成30年度)

 組織名協定対象農用地面積交付金額
1 南指原中山間整備組合 132,597平方メートル 1,060,776円
2 金谷中山間地域組合 72,925平方メートル 583,400円
  合計 205,522平方メートル 1,644,176円

 

笠間市の活動状況(平成29年度)

 組織名協定対象農用地面積交付金額
1 南指原中山間整備組合 132,597平方メートル 1,060,776円
2 金谷中山間地域組合 72,925平方メートル 583,400円
  合計 205,522平方メートル 1,644,176円

 

笠間市の活動状況(平成28年度)

 組織名協定対象農用地面積交付金額
1 南指原中山間整備組合 132,597平方メートル 1,060,776円
2 金谷中山間地域組合 72,925平方メートル 583,400円
  合計 205,522平方メートル 1,644,176円

 

笠間市の活動状況(平成27年度)

 組織名協定対象農用地面積交付金額
1 南指原中山間整備組合 132,597平方メートル 1,060,776円
2 金谷中山間地域組合 72,925平方メートル 583,400円
  合計 205,522平方メートル 1,644,176円

 

笠間市の活動状況(平成26年度)

 組織名協定対象農用地面積交付金額
1 南指原中山間整備組合 132,597平方メートル 1,060,776円
2 金谷中山間地域組合 72,890平方メートル 583,120円
  合計  205,487平方メートル 1,643,896円

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1146

スマートフォン用ページで見る