農業・商工業者向け情報

環境全型農業直接支払交付金

環境保全型農業直接支払交付金とは

農業の持続的発展と農業の有する多面的機能の健全な発揮を図るためには、意欲ある農業者が農業を継続できる環境を整え、国内農業の再生を図るとともに、農業が本来有する自然循環機能を維持・増進することが必要です。
特に、環境問題に対する国民の関心が高まる中で、我が国における農業生産全体の在り方を環境保全を重視したものに転換していくとともに、農業分野においても地球温暖化防止や生物多様性保全に積極的に貢献していくため、平成23年度から、環境保全に効果の高い営農活動に対して支援を行う制度。それが、「環境保全型農業直接支払交付金制度」です。

平成27年度からは「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」の施行によって法律に基づく安定した制度として農業者が安心して取り組める事業となりました。

 

パンフレット

平成31年度環境全型農業直接支払交付金の取組の手引き(PDF形式 1,047KB)(新しいウインドウで開きます)

 

対象となる農業生産活動

化学肥料・化学合成農薬を原則5割以上低減する取組と合わせて行う地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動

  1. 緑肥の作付け(5割低減の取組の前後のいずれかに緑肥等を作付けする取組)
  2. 堆肥の施用(5割低減の取組の前後のいずれかに炭素貯留効果の高い堆肥を施用する取組)
  3. 有機農業(化学肥料・化学合成農薬を使用しない取組)
  4. 地域特認(冬期湛水管理等)地域特認の取組は各都県によって異なります

 

対象者

農業者の組織する団体
 (個人の農業者も一定の条件を満たし市町村が認める場合は申請は可能です)

 

交付単価

平成27年度単価

緑肥の作付け
(8,000円/10a)
有機農業(8,000円/10a)
※一部作物は3,000円/10a
堆肥の施用
(4,400円から2,200円/10a)
地域特認
(8,000円から3,000円/10a)

 

関係機関ホ ームペ ージ

環境保全型農業直接支払交付金の概要について
農林水産省ホ ームペ ージ「環境保全型農業直接支払交付金」(新しいウインドウで開きます)
環境保全型農業関連情報
関東農政局ホ ームペ ージ「環境保全型農業関連情報」(新しいウインドウで開きます)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1146

スマートフォン用ページで見る