1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. パブリックコメント>
  4. これまでの取組み>
  5. 平成18年度>
  6. 笠間市民憲章並びに市の花・木・鳥の制定(案)について

行政情報

笠間市民憲章並びに市の花・木・鳥の制定(案)について

案件名
笠間市民憲章並びに市の花・木・鳥の制定(案)について
(案)
1.笠間市市民憲章(最終案)
わたしたち笠間市民のねがい―笠間市民憲章―
笠間市は、豊かな自然に恵まれ、先人たちが育んできた歴史や文化の薫るまちです。わたしたちは、このふるさとを愛し、市民相互の交流につとめ、「住みよいまち 訪れてよいまち 笠間」をめざします。
・自然を愛し、美しくゆめのあるまちにしよう
・健康で働き、元気で生きがいのあるまちにしよう
・歴史と文化を大切にし、豊かでうるおいのあるまちにしよう
・思いやりの心を育て、明るいほほえみのあるまちにしよう
・きまりを守り、安心で安らぎのあるまちにしよう


2.笠間市の花・木・鳥(案)
市の花 「きく」
笠間市は、菊祭りや菊人形が有名で伝統があります。一方、市内では農業生産としての菊の栽培が盛んに行われております。また、きくは、旧笠間市と旧友部町の花であったことからも、市民に親しまれている花といえます。これらのことからも笠間市のシンボルとしてふさわしい花です。
市の木 「さくら」
笠間市内には愛宕山、北山公園、佐白山など、桜の名所が数多くあり、春には花が市内全域を網羅して咲き誇ることから、各所で桜まつりが行われております。また、さくらは、旧岩間町の木であったことからも、市民にとって極めて身近な樹木といえます。このようなことから、笠間市のシンボルとしてふさわしい木です。
市の鳥 「うぐいす」
笠間市全域に生息しているうぐいすは、鳴き声が美しく、春の訪れを感じさせてくれます。自然環境に恵まれた笠間市をイメージできます。また、うぐいすは、旧友部町の鳥であったことからも、市民にとって身近で親しまれている鳥といえます。このようなことから、笠間市のシンボルとしてふさわしい鳥です。
意見提出期間
平成18年10月1日~平成18年10月31日
公表資料
意見の提出方法
氏名・住所を明記し、直接又は郵送、ファックス、電子メールでご意見を下記まで提出してください。書式は任意で結構です。
意見の提出先
(担当課)
〒309-1792 笠間市中央3-2-1 行政改革推進室
(TEL0296-77-1101 FAX0296-78-0612)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0612

スマートフォン用ページで見る