閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. 笠間の歴史探訪(vol.61~)

文化・歴史

笠間の歴史探訪(vol.61~)

61. 片庭のヒメハルゼミ

 江戸時代の村方の記録に、片庭・ 楞厳寺(りょうごんじ)の裏山や八幡神社境内の林に生息し、昭和9年(1934)12月に国の天然記念物の指定を受けたヒメハルゼミの記録を見つけ、驚きました。

 江戸時代の文化6年(1809)6月、農村部を担当する郡奉行所(こおりぶぎょうしょ)役人の記録に、「片庭村多蝉(おおぜみ)、百姓佐惣次(さそうじ)・又右衛門(またうえもん)裏山にて啼き候」とあります。時あたかも、笠間藩主牧野貞喜(まきのさだはる)が化政改革(かせいかいかく)と呼ばれる政治改革に着手した時期で、江戸時代の村々の記録の中でも特異なことです。それだけに、ヒメハルゼミは笠間藩でも注目されていたと考えられます。

 早速、『新訂原色昆虫大図鑑』(北隆館)を繙くと、太平洋沿岸の生息北限として茨城県片庭とあり、雄の体長は24~28ミリメートル前後、雌はやや小振りで産卵管が長く伸びるとあります。下の写真は雌で、産卵管が鮮明です。これは、笠間市文化財保護審議会委員の安見珠子(あみたまこ)先生が片庭で撮影された苦心の作です。シイ(椎)の大木の高い幹や枝で鳴くことが多いヒメハルゼミは、鳴き声が聞こえても姿を見ることが困難といわれる中で、貴重な作品です。今春刊行となった『笠間市の文化財』にも使用させて頂きました。

 次いで、私のスクラップから、昭和5年(1930)7月27日付け「いはらき」新聞の加藤正世(かとうまさよ)というセミの研究者の寄稿文を探りあてました。その文面で、当時、笠間周辺ではヒメハルゼミを「大蝉(おおぜみ)」と呼んでいたこと、地元の北山内小学校片庭分教場教員であった堀江廣(ほりえひろし)が、大正4年(1915)以降大蝉の調査と保護活動に従事し、その詳細な調査記録を贈られた加藤は感服し、共著の形で学界へ発表する予定と語っています。研究内容を横取りせず、地元研究者を尊重する加藤の姿勢に敬服します。 さらに、明治38年(1905)、谷貞子(たにさだこ)という研究者が「ヒメハルゼミ」と命名、発表したこと、この時期に新潟・福岡・千葉の三県に生息が確認されていたこと、セミの形は細長く、頭部と胸・背部は暗緑色、腹部は褐色で羽は透明であるとし、先の「昆虫図鑑」にまさる説明が加えられています。

 もう一点、地元笠間で注目する資料があります。昭和4年(1929)11月、昭和天皇を水戸市に迎え、茨城県下で実施された陸軍特別大演習の際、笠間稲荷神社社掌(しゃしょう)塙嘉一郎(はなわかいちろう)が作成・献納した『西茨城郡名所旧蹟写真絵巻(にしいばらきぐんめいしょきゅうせきしゃしんえまき)』に「片庭の大蝉」が収載されています。 「コノ蝉ハ椎ノ老樹ニ群棲、一・二ノモノ鳴キ始ムルト一斉ニ鳴キ、ソノ声大トナル。大蝉ノ名ノ起因」と述べています。

 国の天然記念物指定を受ける背景には秘められた物語があり、また多蝉・大蝉の呼び名の由来からは日本人の感性がしのばれます。

(市史研究員 矢口圭二)

 

ヒメハルゼミの生息地(片庭 楞厳寺)
ヒメハルゼミの生息地(片庭)

ヒメハルゼミ(雌)

ヒメハルゼミ(雌)

 

 

 


 

笠間の歴史探訪(vol.51~vol.60)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220