閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. かさま文化財公開
  5. 「かさましこ文化財公開」笠間市公開場所2・楞厳寺

文化・歴史

「かさましこ文化財公開」笠間市公開場所2・楞厳寺

楞厳寺(笠間市片庭775)

公開場所「楞厳寺」

公開文化財

・国指定重要文化財 木造千手観音立像
・国指定重要文化財 楞厳寺山門

注意事項

※写真撮影はご遠慮ください

案内図

公開場所案内図(新しいウインドウで開きます)

一部紹介

国指定重要文化財『木造千手観音立像』

国指定重要文化財 木造千手観音立像 本尊は頭上に十一面を頂き、高髻(こうけい)・毛筋彫(けすじぼり)・天冠台(てんかんだい)を刻んでいます。真手(まて)・宝鉢手外四十臂(ほうはつしゅほかよんじゅうび)・条帛(じょうはく)を懸け、裳(も)を付け両足をそろえて立っています。ヒノキを使用した寄木造で、漆箔(しっぱく)を置き、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)です。髻(もとどり)が高く造られており、ひだの複雑なつくりから、慶派の作風であることがわかります。像の背面に「建長四年壬子七月 従五位上行長門守□□(藤原)朝□□□(臣時朝)」という刻銘が見られることから、笠間時朝の発願による造像であることがわかっています。

地図を見る:楞厳寺

※別ウィンドウで地図が表示されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化振興室です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220