閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 観光・文化
  3. 文化・歴史
  4. かさま文化財公開
  5. 「かさましこ文化財公開」公開場所6・光照寺

文化・歴史

「かさましこ文化財公開」公開場所6・光照寺

光 照 寺(笠間市笠間2591)

光照寺2

公開文化財

・県指定文化財 木造阿弥陀如来立像
・市指定文化財 絹本著色聖徳太子略絵伝

注意事項

※写真撮影はご遠慮ください。

案内図

公開場所案内図(新しいウインドウで開きます)

一部紹介

県指定文化財 木造阿弥陀如来立像

 この像は、真宗大谷派光照寺の本尊で、鎌倉時代の慶派仏師の作です。肉身部は金泥塗りで、胸元にその名残を留めています。面相は幅広くふっくらとして、ふくよかさを漂わせるものの、両眼(玉眼)を見開き、引き締まった口元からは厳しさも感じさせます。体躯は豊かな量感をもち、通肩の衲衣をつけ、腹部から下へ太い・細い波状の衣の襞が交互に美しく整えられている。頭部は螺髪が刻まれ、額には水晶の白毫が嵌入されています。光背は、頭部から光を発する頭光型で、円形の輪の中心から筋を発する輪光背です。昭和38年(1963)に解体修理され、平成30年(2018)には欠損部の修復を行いました。
木造阿弥陀如来立像(光照寺)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化振興室です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-71-3220