1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. 市民の声

市民の声 詳細

市民の声 詳細

2018年8月受付

市議会だよりNo50質問の答えについて

みなさんからの声(原文)

お問い合わせ内容:これは問い合わせではなく、「かさま市議会だよりNO.50」一般
質問に対する答えに事実と矛盾する内容がある事についての意見
です。もしこのメールアドレスが適切ではない場合、担当者に
転送して頂きたくお願い申し上げます。

1)P4:陶炎祭の収入と支出のバランスは300万円の赤字と
いう産業経済部長のお答えですが、主催関係者によると、陶炎祭
自体の収支は黒字。だが陶炎祭とは関係のない他の部分で赤字が
あるので全体として300万円の赤字となっているとの事です。

2)P11:同じく産業経済部長の答えで、民泊申し込み数が会議の
(6月1日-15日)の時点ではゼロとの事ですが、そもそも申し込
み先は「市」ではなく、「県」です。既に5月中に1件は申し込
み済み、6月15日の時点で笠間市内で少なくとも1件が「認定取
得済み」、「申し込みが終わり、認定待ち」が1件ありました。

私自身個人的に関わっているために上のような矛盾点に気付きま
した。他の質問に対しては残念ながら分かりませんが、たった2
つの間違いでも間違いは間違い。調査の仕方が非常に大雑把で残
念です。以降は質問に対しもっと真摯に向き合って頂きたいと思
います。(選択なし女性)

回答結果

笠間の陶炎祭の収入と支出のバランスは300万円の赤字と回答したことにつきましては、笠間の陶炎祭の収入と支出について、笠間市では把握しておりませんでしたので、笠間の陶炎祭の主催である笠間焼協同組合に問い合わせました。笠間焼協同組合の回答により、約300万円の赤字と伺っておりますと、お答えさせていただきました。

民泊につきましては、住宅宿泊事業法として、平成30年6月15日に施行され、笠間市では8月23日現在では3軒の届出が受理されております。
西様もご存じのとおり、住宅宿泊事業者への届出は茨城県になります。笠間市での相談窓口は商工観光課でも行っておりますが、届出の詳細につきましては、茨城県をご案内させていただいております。
議会が行われました6月13日時点に公表されている茨城県の住宅宿泊事業者の届出情報によりますと、7軒ございまして、その中に笠間市の届出はございませんでした。
笠間市としては、届出先が茨城県になっており、受付情報の詳細につきましては、茨城県からご教示されないため、茨城県が公表している届出情報により0軒とお答えさせていただきました。
西様のご理解をいただければと存じております。

担当課

商工観光課

※回答当時の内容のため、最新の情報とは異なる場合があります。

一覧に戻る

スマートフォン用ページで見る