1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. 市民の声

市民の声 詳細

市民の声 詳細

2017年12月受付

固定資産税評価(土地)について

みなさんからの声(原文)

農地を太陽光発電施設用地に転用した場合、固定資産税の基準地価、課税標準額、税額の計算式を教えて頂けますか。補整等の詳しい計算式ではなく、 一般的な計算式でかまいません。(選択なし)

回答結果

一般的なお話ですが、農地から太陽光発電施設用地に転用した場合、固定資産税上の地目は雑種地となります。
雑種地の評価額については笠間市の場合、宅地の50%です。
税額の目安を求める計算式は、以下のとおりです。

 「 課税標準額 × 税率 = 固定資産税額 」
    (③)    (1.4%)

① 宅地の評価額・・・路線価×面積
② 雑種地の評価額・・①×50%
③ 課税標準額・・・・②×70%

平成29年度路線価につきましては、「全国地価マップ(https://www.chikamap.jp)」にて確認できますので、ご利用ください。
※土地の形状等により補正が生じる場合や、平成30年度の評価替により単価が変更になる場合があります。

詳細や、ご不明な点については、税務課までお問い合わせください。

担当課

税務課

※回答当時の内容のため、最新の情報とは異なる場合があります。

一覧に戻る

スマートフォン用ページで見る