1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. 市民の声

市民の声 詳細

市民の声 詳細

2017年12月受付

佐白山公園、大黒石クライミング苦情について。

みなさんからの声(原文)

佐白山公園、大黒石クラ
イミングにて市民の方より苦情を受け、その理由に納得し大
黒石でのクライミングを行っていませんでしたが、先日、佐
白山公園に点在する岩を登りに行く途中に大黒石で、私が受
けた同様の苦情をめぐり言い争いとなっており、佐白山公園
でのクライミングが出来なくなる危惧も考えられ、メールさせていただきました。私は10月の土曜日に大黒石でクライミング中、数名のハイカーの方の代表らしき方より、大黒石でのクライミングは相応しくないとの指摘を受けました。笠
間在住であること、中学校の教諭であることを明かされ、大黒石を登るのに相応しくない理由を述べられました。ひとつは設置されている看板の説明にあるように、大黒石の由来、伝説が示すように、史跡であり、観光資源、財産であること。その史跡を登るのに白い粉で汚していること、クライミ
ングに使用しているマットが車道にはみ出しており、またクライマーが車道に飛び出し人車共に危険である。用を足すのに大黒石周辺で不用意に行っている等です。私自身も同様のことをしており、理由も尤もであり、指摘を受け入れた次第です。今回の言い争いが佐白山クライミング禁止に発展することがないよう、大黒石でのクライミング可否の判断を笠間市役所殿にて示していただけましたら幸いです。(60代 男性 )

回答結果

大黒石のクライミングについては、長い間その是非の判断を市としては保留してまいりました。理由は、ご指摘のとおり観光資源であるためクライミング愛好家以外の方からは、否定的な意見が多い一方で、クライミング愛好家からは手頃な登りやすい岩として人気があると承知していたことから、観光のまち笠間といたしましては、様々な趣味嗜好の方に当市を訪れていただくことが何よりと考えていたからです。

しかしながら、今般のお問い合わせを受けて、庁内関係課と協議をした結果、ハイカーを含めた市民の方々とクライミング愛好家のトラブルが多発している状況から、市としましては、大黒石は道路敷きにあることを鑑み、通行車両との接触など危険も予測されますので、事故を未然に防ぐためにもクライミング禁止の注意喚起を行っていくこととなりました。今年度中に禁止看板を設置させていただきます。
クライミング愛好家の皆様には申し訳ございませんが、何卒ご理解いただければと存じます。

担当課

秘書課、商工観光課、管理課、生涯学習課

※回答当時の内容のため、最新の情報とは異なる場合があります。

一覧に戻る

スマートフォン用ページで見る