1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 環境>
  4. 土砂等による土地の埋立て

くらし・手続き

土砂等による土地の埋立て

笠間市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の改正について

建設残土の搬入に対する規制を強化し、市民の安全と良好な生活環境の保全及び災害を防止するため、「笠間市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例」が改正し、平成25年6月1日から施行されます。
主な改正点は次のとおりです。

  • 土地所有者等、土地の埋立て等を行う者、土砂等を発生させる者、土砂等を運搬する者の責務を明確にしました。
  • 土地の埋立て等を行う者は、事前協議が必要になります。
  • 条例の適用になる事業区域面積は、500平方メートル~5,000平方メートル未満としております。
  • 搬入できる土砂等について、セメントや石灰を混合し科学的安定処理した、いわゆる「改良土」による埋立て等は認められません。
  • 土地の埋立て等に用いる土砂等の性質及びその土砂等に含まれる有害物質の調査について、明確な基準を設定しました
  • 事業許可後、定期的な埋立て等区域の土壌調査と報告を義務付けました。
  • 罰則の強化を図りました。

土地所有者の皆さんへ

違法な埋立て等行為や廃棄物の不法投棄行為は、その行為者が最も悪いのですが、土地を管理すべき所有者にも責任が及ぶことがあります。以下のことについて、ご自身の土地を安全に管理しましょう。

土地を提供する場合の注意事項

  • 事業内容などを詳しく書面で提出してもらいましょう。
  • 同意書又は契約書などで責任を明確にしましょう。
  • 土地を提供する場合は、隣接地との境界を明確にしましょう。
  • 必要な許認可の確認が取れるまでは搬入できません。
  • 事業期間中は、定期的に見回り、監視を行いましょう。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課です。

〒309-1792  笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1390

スマートフォン用ページで見る