1. ホーム>
  2. 農業・商工業者向け情報>
  3. 農業・商工業者向け情報のお知らせ>
  4. 農産品販売促進に協力 笠間台湾交流事務所が農糧署より表彰

農業・商工業者向け情報

農産品販売促進に協力 笠間台湾交流事務所が農糧署より表彰

 1月21日(火曜日)台北市内において、農産品販売促進で協力した優秀企業(日本笠間台湾交流事務所を含む台湾の企業13社)に台湾行政院農業委員会農糧署(日本の農林水産省に相当)からトロフィーが贈呈されました。

 笠間市は、2019年7月に農糧署と『食を通じた文化交流と発展的な連携強化に関する覚書』を締結。同年11月1日には、笠間市と大洗町の小・中・義務教育学校、水戸市保育園の合計27校で台湾産のバナナを台湾料理とともに給食へ提供しました。

 また、給食だけではなく、笠間市内のスーパー3店舗において、台湾バナナフェアを開催したところ2日間で完売したため、12月に茨城県内のスーパー20店舗で台湾バナナを再度販売することになり、25トンの台湾バナナの輸出に貢献しました。

 農糧署の胡署長は、台湾バナナの名を馳せるためにも、今後も笠間市と連携をとっていきたいとコメントしました。

 今後も笠間市と台湾の更なる交流を深めていきます。
『台湾事務所表彰2』の画像
※画像は、受賞の様子 (左:行政院農業委員会農糧署 胡 忠一署長、中:日本笠間台湾交流事務所 木下 知香所長、右:行政院農業委員会 陳 吉仲主任委員)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学務課 おいしい給食推進室です。

〒309-1615 笠間市金井180番地

電話番号:0296-72-1500

スマートフォン用ページで見る