文化・歴史

笠間城跡


震災前の様子
『笠間城跡27.4』の画像
平成27年4月現在の様子

 

佐白山頂に築かれた笠間城。鎌倉時代に笠間時朝(1203~1265)が築いてから約750年間、歴代の笠間領主の居城となってきました。現在、堀の跡や石垣が残されています。山頂の天守曲輪には、佐志能(さしのう)神社があります。

駐車場 30台
交通手段 【自動車】
北関東自動車道友部ICから国道355号経由で20分
【電車】
JR笠間駅から徒歩1時間
※観光周遊バスの時刻表はこちら

 ※東日本大震災により、天守曲輪の石垣や石段が崩壊するなど大きな被害があったため、一部仮修復を行いましたが、依然として天守付近は「立入禁止区域」を設けておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。


 

※立入禁止区域について

以下の区域については、崩落の危険性があるため立入を禁止しています。

 

『笠間城跡立入禁止区域』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化振興室です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る