閉じる

読み上げる

市民生活

犬について

新型コロナウイルス感染症の発生およびまん延防止に伴う狂犬病予防接種の時期について

 狂犬病予防法では、狂犬病予防注射を、毎年4月1日から6月30日までの間に受けることとされておりますが、新型コロナウイルス感染症の発生またはまん延の影響によるやむを得ない事情により、当該期間に狂犬病の予防注射を受けさせることができなかった犬の所有者または管理者については、”令和4年12月31日までに”その犬について狂犬病の予防注射を受けさせたときは、当該期間に注射を受けたものとみなすこととされました(狂犬病予防法施行規則の一部を改正する省令:令和4年3月2日施行)。

 犬の飼い主様におかれましては、今年度に限り令和4年12月31日までに飼い犬に狂犬病予防注射を受けさせるよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

犬の登録

生後91日以上の犬は、取得した日から30日以内に登録が必要です。登録は【本所】環境政策課、または【各支所】地域課 へ申請してください。登録をすると「犬の鑑札」が交付されます。なお市内の動物病院でも登録することができます。
※登録手数料  1頭あたり2,000円

 

狂犬病予防注射病院犬

狂犬病予防法により、生後91日以上の犬には、狂犬病予防注射を毎年1回受けさせること、また実施後は市町村に届け出ることが義務付けられています。

毎年4月から6月に実施する集合注射、または動物病院で予防注射を受けることができます。
なお、市内の動物病院では予防注射の実施とともに注射済票の交付と市への届出が行うことができます。

 

登録内容の変更

登録した犬が死亡した時や、飼い主の氏名や住所(番地)が変わったときは、速やかに本所又は支所へ届出をしてください。
電子申請(新しいウインドウで開きます)による届出可)

 

不妊去勢手術について

笠間市では犬及び猫の不妊去勢手術に対して補助事業を行っています。ご活用ください(新しいウインドウで開きます)

 

犬の放し飼い

放し飼いは禁止されています。放し飼いは人を傷つけたり、怖がらせたり、他人の土地や農作物を荒らしたりと迷惑になりますので、絶対にしないで下さい。散歩のときも、必ず引き綱をつけて、犬の動きを抑えられる人が行ないましょう。犬をつないでおく際も、行動範囲が道路や他人の土地に及ばないように注意しましょう。

 

ふんの後始末フン禁止

散歩の時は、必ずふんを片付ける道具を持ち歩き、ふんはビニール袋などに入れ自宅に持ち帰りましょう。道路や公園などの公共の場所や他人の土地を汚さないようにしましょう。

 

【関連情報】

笠間市動物の愛護及び管理に関する条例が制定されました。

  笠間市動物の愛護及び管理に関する条例(新しいウインドウで開きます)

 

 

茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例が施行されました。

 ・ 茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例(新しいウインドウで開きます)

 

野良犬の相談

野良犬でお困りの方は、茨城県動物指導センター(TEL 0296-72-1200)にご相談ください。

 

犬猫の譲渡

茨城県動物指導センターでは、子犬・子猫が生まれ、新しい飼い主が見つからない方や、犬猫の譲渡を希望される方のために、里親情報バンクを開設しています。
茨城県動物指導センター 犬猫譲渡情報バンク TEL 0296-72-1403(専用ダイヤル)

迷い犬・猫情報迷い犬・猫情報

茨城県動物指導センターでは、行方不明の犬・猫を捜している飼い主さんへの情報提供を行っています。情報の更新は、保護・収容した日の夕方または翌朝になります。土日祝祭日の更新は行っておりません。掲載情報のなかには、すでに飼い主のもとに返還されている動物が含まれていることがあります。また、受付直後で情報が掲載されていない場合もありますので、該当する情報の有無にかかわらず、必ず動物指導センター(TEL 0296-72-1200)にご確認ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境政策課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-77-1146