保険・福祉・医療

救急医療

 病気になった時、けがをした時、私たちは当然のように病院で診療を受けることができると思っています。これは、「救急医療」と言って、休日や夜間などに急な病気やけがをした方を診療するための体制が整備されているからなのです。

 救急医療体制は症状や緊急度に応じて、初期・二次・三次の3つに分かれています。比較的軽症な救急患者を診療する初期(一次)救急として、市町村が医師会等の協力を得て、休日夜間診療所を設置しています。この診療所、実は昼間通常診療を行った医師たちにより支えられていることを知っていますか。診療所を担当する医師たちは、昼間と夜間の診療を受け持ち、場合によっては夜中までの勤務となることもあり、翌日も通常業務となる医師への負担がさらに大きくなっています。このように、休日夜間診療所は医療従事者の献身的な努力によって支えられているのです。  

『救急医療体制と休日夜間緊急診療所の役割』の画像                    

【圏域内の休日夜間診療所の設置状況(初期救急医療)】               

1.水戸市休日夜間緊急診療所 水戸市笠原町993番地の13(水戸市保健センター2階)
 ☎029‐243‐8825  (歯科専用☎)029‐243‐8840

曜日等

小児科※

内科

外科

歯科

夜間

毎日
  受付時間 19時30分~22時15分
  診療時間 19時30分~22時30分

 

 

休日

日曜・祝日、12月30日~1月3日(1月1日は午後のみ)

 受付時間     午前の部 9時00分~11時45分
          午後の部 13時00分~15時15分
 診療時間     午前の部 9時00分~12時00分
          午後の部 13時00分~15時30分

 ※小児科は内科系の診療のみです。

 

2.笠間市立病院(笠間市南友部1966番地1) ☎0296-77-0034

曜日等

小児科

内科

外科

歯科

夜間

月~金(祝日、12月31日~1月3日を除く)
 診療時間 19時00分~21時00分

 

 

休日

日曜(12月30日~1月3日を除く)
 診療時間 9時00分~17時00分

 

 

 ※担当医が不在の場合もありますので、事前に電話確認のうえ、受診してください。

 

 3.ひたちなか市休日夜間診療所 ひたちなか市石川町20番32号(日製ひたちなか総合病院西駐車場敷地) ☎029-274-3240

曜日等

小児科

内科

外科

歯科

夜間

土・日曜、祝日、12月31日~1月3日
 受付時間 19時00分~21時30分

 

休日

日曜、祝日、12月31日~1月3日
 受付時間     午前の部 9時00分~11時30分
          午後の部 13時00分~15時30分

 

 ※専門医外の診療になることがあります。

4.石岡市緊急診療(石岡市医師会病院) 石岡市大砂10528‐25 ☎0299‐23‐3515

曜日等

小児科

内科

外科

歯科

夜間

土・日曜、祝日、12月30日~1月3日
 受付時間 18時00分~21時30分

 

 

休日

日曜、祝日、12月30日~1月3日
 受付時間     午前の部 9時00分~11時30分
          午後の部 13時00分~15時30分

 

 

【休日夜間診療所ってどんな所?】                        

・休日や夜間に開いている診療所は、緊急性の高い患者を受け入れるのが主な目的であり、日中の診療や検査が受けられるまでの応急的なもので、検査項目も限られています。継続的な治療は行っておらず、処方される薬も原則1日分です。このため、翌日にはかかりつけ医などで十分検査や治療を受けることが必要な場合もあります。

・休日・夜間は割増料金で医療費が高くなります。

・休日や夜間が混んでいないわけではありません。休日夜間診療所においても、風邪やインフルエンザなどにかかる方が増える時期には、待ち時間が2時間以上に及ぶこともあります。

【増えるコンビニ受診】                             

 休日夜間診療所を利用する中には軽症患者の利用が見受けられます。いつでもどんな症状でも診てもらえるという安易な考えで、休日や夜間に緊急性のない軽症患者が「日中仕事を休めない」「夜の方がすいているから」「風邪気味で、熱が出たら不安だから」などの個人的な理由で受診する、いわゆる『コンビニ受診』が増えています。

 コンビニ受診が増えてしまうと、今、本当に治療を必要としている方への適切な対応が困難になってしまします。また、患者が増えることで医師たちの負担が過重となり、疲弊し、病院を辞めてしまったり病院が減ってしまったりして、救急医療、ひいては地域医療の崩壊にもつながるおそれがあります。

 

救急医療を守るために私たちにできること                     

・何でも相談できるかかりつけ医を持とう!

 「かかりつけ医」なら普段の体調や病歴などを把握した上で、適切な診断や治療をしてもらえます。

・できるだけ「通常の診療時間内」受診を!

 休日夜間診療所はあくまでも「急病患者」のためのものです。そして、昼間の診療時間内は外来の患者さんを診るために必要な医療スタッフも十分にそろっています。診療時間内に受診しましょう。

・病院に行くその前に、もう一度考えよう!

 平日の診療時間内に受診することができないか,もう一度よく考えてみましょう。

 

 しかし、小さなお子さんは夜間や休日に急に発熱を起こすこともあり、病院に行くべきかどうか迷うことがあるかと思います。そのような時は、下記をご利用ください。

茨城子ども救急電話相談

 看護師などの専門家がすぐに医療機関にかかるべきかをアドバイスします。

〔相談時間〕
 平日(月~土) 18時30分~翌日8時00分 
 日曜、祝日、12月29日~1月3日 8時00分~翌日8時00分

プッシュ回線の固定電話、

携帯電話
☎♯8000

すべての電話から
☎029‐254‐9900

ウェブサイト「こどもの救急」

 症状に合わせた対処法のほか、家庭内で起こりやすい事故を防ぐためのポイントなどを掲載しています。

 〔対象年齢〕 生後1か月~6歳児 ホームページ
  http://kodomo-qq.jp/

  ○救急受診の目安・判断チェックリスト(新しいウインドウで開きます)もあります。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(健康増進課・保健センター) 企画調整Gです。

〒309-1734 笠間市南友部1966番1号

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る