行政情報

愛宕山の十三天狗

むかし、岩間山といわれた愛宕山には、杉山僧正を首領とする十二人の天狗が住んでいました。それぞれ羽うちわを持って雲に乗り、大空を矢よりも早く飛びまわって魔物を打ち払い、厳しい修行によって身につけた術を使って重い病人を救ったり、天候を予知して作物の豊凶を占ったりして、信者に幸せをもたらしていました。

そのころ、格内村(むじなうちむら)の長楽寺に大変親孝行なお坊さんがいました。そのお坊さんの母親は大変信心深く、方々のお寺やお宮へお参りしていましたが、「一度でいいから津島の祇園祭りを見たいものだ」と、口ぐせのように言っていましたのでお坊さんは、何とかして願いをかなえてやりたいものだと考えました。

そこで毎夜のように天狗のもとを訪ねて一生懸命弟子にしてほしいと頼みました。断られても断られても熱心に頼み込んでやっと許されました。その夜から空を飛ぶことのできる天狗の技を身につけるための、きびしい修行が始まりました。お坊さんは体を軽くするために食事を減らし、木の根や草の汁をすすり、大木のてっぺんから突き落とされたり、石段から蹴落とされたりのきびしい修行の連続でした。お坊さんは昼間はお寺で仏様に仕え、夜になると道中を飛ぶように橋って愛宕山の天狗のもとで修行に励みましたので、お坊さんの顔はやせ細り、鼻は高く眼が鋭くなって、まるで、天狗の形相そのものになりました。

ある年の祇園祭の日のことです。お寺から突然帰ってきたお坊さんが、「母上、尾張の津島の祇園祭に連れて行きますよ。さあ早く支度をしなさい」といいました。
「何を言うのです。津島までは百里もありますよ。みんなは十日も前に出発しているのに、いくら急いだって今からじゃ間に合うはずがないでしょう。」
「大丈夫。母上は目をつぶって私の背中におんぶして下さい。でも途中で絶対眼をあけてはいけませんよ」と、お母さんに言い聞かせてから家を出発しました。

間もなく大きな松の木下にお母さんをおろして、「さあ母上着きましたよ。眼をあけてみて下さい」と、言われて恐る恐る眼をあけてみると賑やかな祇園祭の風景が飛び込んできました。驚いたり喜んだりでお母さんは、息子と連れ立ってさっそく祭り見物に出かけました。

一日をあちらこちらと案内されて楽しく遊び暮らして夕方になりました。お坊さんはまた眼かくしをしたお母さんをおんぶして家へ帰ってきました。
「母上、私はとてもくたびれたのですぐ寝ます。私がひとりで起きてくるまで、絶対部屋に入らないでください」と言って、寝床に入りました。
しばらくして、心配になったお母さんが「そーっ」と部屋をのぞくと、息子は天狗の姿になって、寝床の上で大の字になって、グーグー高いびきで眠っていました。
「あれーっ。大変だぁ」とお母さんの悲鳴に驚いて飛び起きたお坊さんは、そのまま何処へともなく走り去って、母親のところへは再び現れませんでした。

それからしばらくして、誰言うとなく「長楽寺のお坊さんが天狗になって愛宕山に住んでいる」と伝わりました。そして、山頂の飯綱神社の祭礼には十三人の天狗にお供物のお膳を用意して供えるようになって、十三天狗が祭られるようになりました。

※出典 『いわまの伝え話』岩間町教育委員会

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0612

スマートフォン用ページで見る