1. ホーム>
  2. 子育て・教育>
  3. 教育>
  4. 笠間市 寺子屋事業について

子育て・教育

笠間市 寺子屋事業について

寺子屋事業とは

 「寺子屋」とは,江戸時代に庶民(一般の人)のための初等教育(現在の小学校)機関でありました。現在の学校のように近くの子どもたちが集まって,武士・僧侶・医者・神職などが,教師となり,子どもたちに文の読み方や書き方,そろばんなどを教える場所でした。

 もちろん,当時の笠間市にも,笠間藩には「時習館」,宍戸藩には「脩徳館」という名称で「寺子屋」が実在していました。

 これを受けて,笠間市では,子どもたちの「学力向上」をめざし,学校教育以外でも,学習の基礎・基本を教える「学びの場を設置したい」と考え,社会教育施設である「公民館を学習する場所」として活用することが決定し,その名称を「寺子屋」としました。

 この「寺子屋」は,毎週土曜日の午前中,市内の小学5・6年生を対象とし,時習館(じしゅうかん)【笠間】,脩徳館(しゅうとくかん)【友部】,愛宕館(あたごかん)【岩間】と名づけられた,笠間,友部,岩間の3つの公民館を会場として行われています。

 平成21年5月から始まり現在8年目となりました。年々参加者も増加しており,寺子屋事業が笠間市全体に浸透しつつあります。

 

《寺子屋からのお知らせ》

《寺子屋(平成30年度)の受講生を募集します》

《寺子屋夏季特別講座(平成30年度)受講生を募集します》

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 生涯学習Gです。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る