1. ホーム>
  2. 各種ご案内>
  3. 看護局の紹介

看護局の紹介

看護師長メッセージ

『看護師長 草刈則子』の画像 私たちは、地域の高齢者の患者さんの総合診療に対応できる看護を提供しています。そのためには看護理念である「日常生活を大切にしたケア、真心の看護を提供する」を実現するために、「よく看て、よく聴いて、よく話して、手を添える、真心の看護を行なう」ことを大切にしています。
看護の専門職としての視点で患者さんとしっかり向き合い、高齢者、認知症、癌の看護を実践し、合併症の予防とともに患者さんの今後の療養生活を見据えた看護をしています。
今後は、人々の暮らしに寄り添い、その人の生き方をサポートし、限られた時間をその人の為にできる訪問看護に力を注いでまいります。また、看護師それぞれが目標を持って生き生きと働ける職場環境の取り組みとしてワークライフバランス推進しています。さらに得意分野を勉強できる研修体制でスキルアップに努めています。
規模的には小さな病院ですが、共に働く仲間を思いやりがあるチームワーク抜群のアットホームな病院ですので、よろしくお願いいたします。

看護局理念

患者の尊厳を守り,日常生活を大切にした質の高い真心の看護を提供します。

看護局方針

  1. よく看て,よく聴いて,よく話して,手を添える,真心の看護を実践します。
  2. 地域・多職種連携を図り,在宅に戻れるよう支援します。
  3. 看護専門職として,自律した看護師を目指し,自己研鑽します。

看護師からのメッセージ

毎日、患者さんや家族の思いを大事にして、医師や看護師、薬剤師、MSW、リハビリ、管理栄養士、技師ら、すべての職種が一緒になって支援している病院です。職員ひとりひとりの顔が見えるアットホームな小さな病院が自慢ですね。
これから、看護師ひとりひとりが持っている様々な経験や知識や技能をお互いに勉強していきたいと考えています。


『小川恵理子』の画像当院の良さは、アットホームなところです。患者さんの為に病院全体で取り組んでいるところが大好きです。
「病院」の枠にとらわれず、地域の病院や施設との連携にも積極的に交流できるような病院、今よりも更に地域に根差した病院にしていきたいと思います。

病棟の看護局紹介

病棟は30床と少なく、高齢者特有な肺炎・心不全・脳梗塞等の疾患が多く、苦痛症状の改善を最優先に治療・看護ケアを行っています。また早期からリハビリの介入をし、なるべく寝たきりしない努力をしています。
病気で寝たきりになっても、自宅でできるだけその人らしく生活ができるよう、他職種や地域事業所と協力しながら在宅調整をしています。家族の不安、負担が少なく済むよう、家族指導にも力を入れて頑張っています。
入院の大半が高齢者なので、高齢者の特徴を良くつかみ温かい看護を提供ができるように努めています。

外来の看護局紹介

『『いな吉院長-看護科紹介-』の画像』の画像外来は、子どもからお年寄りまでの患者さんを診る総合診療だけでなく、コウノメゾッドによる物忘れ外来、禁煙外来、心療内科専門医によるストレス外来、睡眠時無呼吸など専門外来にも対応しています。最近では慢性疾患患者さんのフットケアに注目して取り組んでいます。
私たちは患者さんの声に耳を傾け、高齢者の看護を目指しています。また常に学習する気持ちを忘れずに、スキルアップを心がけています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは笠間市立病院です。

〒309-1734 笠間市南友部1966番地1

電話番号:0296-77-0034 ファックス番号:0296-77-0952

スマートフォン用ページで見る