ホームへ戻るくらしに関する情報行政に関する情報観光に関する情報ビジネスに関する情報
トップ > 観光 > 遊ぶ > 愛宕山 > 愛宕山紹介・天狗伝説

観光

愛宕山紹介・天狗伝説

愛宕山紹介
愛宕山の見事な桜
愛宕山の見事な桜
 岩間駅に降り立ち、正面に見える山が愛宕山(標高306m)です。 春になると中腹から山頂にかけて見事な桜が咲き誇り、山が ピンク色に染まっていきます。しかも、標高差によって開花時期 がずれるため、長い間花が楽しめ、その姿はまるで桜が山を登っていく ようです。 愛宕山の山頂にある愛宕神社は、日本三大火防神社のひとつといわれており、 創建が大同元年(806年)と伝えられている歴史ある神社です。 愛宕山には昔、天狗たちが住んだという伝説があり、天狗にまつわる 場所も多くあります。そのひとつに、通称百垣と呼ばれる長い 階段の途中を少し入った所の岩の上には、天狗の修行の地と言われる 石尊があります。 その他、愛宕神社の裏にある階段をさらに登っていくと、そこには 飯綱神社があります。 創建は不詳ですが、江戸時代の「新編常陸国誌」という文献に出てきま すので、江戸時代からの存在は確認できます。飯綱神社の裏には 「十三天狗のほこら」と呼ばれる石のほこらがあります。これは、 愛宕山に住んでいた十三天狗を祀ったものです。 また、山頂付近には、あたご天狗の森があり、大駐車場のほか スカイロッジやフォレストハウス、公衆トイレ、太平洋まで一望できる展望デッキなどが整備されており、四季を通して多くの方々が訪れています。
愛宕神社
愛宕神社
天狗伝説
絵馬  昔、愛宕山が岩間山といわれていた頃、 筑波山、加波山と並んで、ここは天狗の修験道場のひとつでした。 ここには最初5人の天狗が住んでいましたが、だんだん増えて 12人となり、やがて長楽寺からひとりの天狗が加わり、 13人の大、小天狗が住むようになり、「十三天狗」と呼ばれるように なりました。 天狗たちは、羽団扇を持って雲にのり、大空を矢よりも早く飛び 妖魔を打ち払い、厳しい修行で身につけた術によって重い病人 を救ったり、天候を予知して作物の豊凶を占ったりして、人々を 幸せにしていました。 現在でも飯綱神社の裏側に「十三天狗の祠(ほこら)」と言われる十三個の石の祠や、天狗修行の地と言われる石尊(せきそん)などが残っています。 天狗の姿は人間には見えないとされていますが、天狗の森を 散策していると、もしかしたら出会えるかも知れません。
このページのお問い合わせ
お問い合わせ
このページに関するお問い合わせは商工観光課です。
〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号
電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1146

最終更新日【最終更新日】 2011年9月5日  ページアクセス  プリントこのページを印刷   このページの先頭へページの先頭へ
  • 笠間市役所(本所)〒309-1792 茨城県笠間市中央三丁目2番1号
  • 笠間支所     〒309-1698 茨城県笠間市笠間1532番地
  • 岩間支所     〒319-0294 茨城県笠間市下郷5140番地
スマートフォン用ページで見る