保険・福祉・医療

国民年金

国内に住所がある20歳以上60歳未満の方は、原則として国民年金に加入しなければなりません。手続き等は各庁舎で行うことができます。

国民年金の加入者(被保険者)は次の3種類に分けられます。

第1号被保険者・・・自営業・学生など(厚生年金や共済組合に加入していない方)
第2号被保険者・・・会社員・公務員など
第3号被保険者・・・会社員・公務員(第2号被保険者)に扶養されている配偶者

次に該当する方は、希望により国民年金に加入できます。(任意加入被保険者)

  • 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の方
  • 海外に住所のある20歳以上65歳未満の日本人
  • 日本国内に住んでいて、20歳以上60歳未満の方で、老齢年金受給者であるため適用除外の扱いを受けている方
  • 65歳に達しても年金受給権が確保できない方は、70歳になるまでの間で受給資格を満たすまで加入できます(昭和40年4月1日以前に生まれた方)

主な届出

次のようなときは届出が必要です。手続によって必要なものが異なりますので、詳しくは担当課までお問い合わせください。

このようなとき

  • 会社員や共済組合員でなくなったとき
  • 共済組合に加入したとき
  • 住所や氏名が変わったとき
  • サラリーマンの夫の扶養でなくなったとき
  • 年金を受給している人が死亡したとき
  • 年金を受給している人の住所や年金受給機関が変わるとき
  • 国民年金を請求するとき

保険料

保険料は、20歳から60歳までの40年間納めることになっています。

定額保険料・・・月額16,340円(平成30年度分)

付加保険料・・・月額400円(第1号被保険者の方で、希望される方)
※国民年金基金に加入している方は、付加保険料は納められません。

※保険料には「免除制度」「学生納付特例制度」がありますので、詳しくは担当課までお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0692

スマートフォン用ページで見る