閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 市政
  3. パブリックコメント
  4. これまでの取組み
  5. 平成29年度
  6. 生涯活躍のまち(笠間版CCRC)基本計画(案)
  7. 意見に対する市の考え方(生涯活躍のまち(笠間版CCRC)基本計画(案)について)

市政

意見に対する市の考え方(生涯活躍のまち(笠間版CCRC)基本計画(案)について)

案件名
生涯活躍のまち(笠間版CCRC)基本計画(案)
意見提出期間
平成29年6月5日(月曜日)~6月24日(土曜日)まで20日間
提出方法別人数
提出方法
人数(人)
直接提出
0
郵送
1
ファックス
0
メール
1
合計
2
意見の公表
意見等の概要
意見数
市の考え方(対応)

【生涯活躍のまちの方向性】
 方向性について、個人及び団体が構成するコミュニティに対しても地域・組織の垣根を越え市全体での活動と交流の活発化を要求し、かつその場の構築を目指していると推測するが、理解が困難である。

1
 本項では、新規に構築するコミュニティの居住者が、市内全域で活動する場としていくことと、新たに導入する仕組みが、新規に構築するコミュニティだけではなく、既存のコミュニティ等にも拡大していくという2つの視点を方向性として示しました。

【基本理念・ビジョン(1)】
 笠間市創生総合戦略における新規コミュニティとは、何を指しているか不明である。

1

 笠間市創生総合戦略では、人口構造の変化に対応したまちづくりを進めるために生涯活躍のまちの構築を推進することとしております。その当初の取組として整備誘導を図るものを新規コミュニティとして設定しています。

【基本理念・ビジョン(2)】
 新たな移住・二地域居住世帯数50世帯が、総合戦略の新規コミュニティ誘導件数1件とどう関連するかが不明である。

 1  総合戦略における新規コミュニティ1件の居住世帯が50世帯(平成32年3月末)とすることを目標値として設定しました。
 【コンセプト】
 笠間市における「まちなか」とは、どう定義しているのか。
 1  「まちなか」については、区域等を含めて定義づけはしておりませんが、基本計画上は、コンセプトに記載した買物、移動における利便性が高い地域として設定しています。
 【取組の方向性(1)】
 笠間暮らしの可視化について、居住者の同意を得ることが難しく、自然体が良いのではないか。
 ここでの可視化については、生活全般を公表するのではなく、市の資源を活用した暮らしぶりを紹介することを想定しており、居住希望者の意思確認等を丁寧に行いながら、今回のコンセプト等に理解頂ける方の居住を誘導していきたいと考えております。
 【取組の方向性(2)】
生涯学習、社会活動について、現行の出前講座など、行政主導型で、バラバラとなっている感がある。そのため、CCRC等を推進していく上でも、戦術的に位置づけ、項目毎に縦軸及び横軸で整理し一覧化するといった取組が必要と考える。
 生涯活躍のまちで進める充実した生活の条件整備において導入を図る学び、就労の仕組みにあたっては、分かりやすさを含め、参加等を促進する工夫をしていきます。
 【形態】
 友部駅周辺への整備誘導を基本とするとあるが理解しがたい。笠間市総合計画及び総合戦略を踏まえて実施されるもので、移住等を考える方は予備知識をもち、行政が地域を推薦すると感じると移住希望者を戸惑わせ、選択肢を狭めることとなる。各地域の現状や今後の活性化策等を丁寧に説明し、来訪者の疑問等に適切に助言していくことが行政の役割ではないか。
 移住等の促進策については、ご指摘のとおり相談窓口となる課を設置し、希望者の要請への対応を行っております。今回の生涯活躍のまちについては、総合計画の土地利用構想等を踏まえた中で、当初の取組としてまちなか型での整備誘導を図ることを基本として進めていきます。併せてニーズ分析等を加えながら、方向性にもあるとおり地域も拡大していくことを目指しております。
 【移住者と市民の表現】
 意図はなくても対比を感じ、移住者と市民は別、移住者をよそ者という感じを含む結果となると危惧するため、文言の再考を検討すべきである。例:移住者と市民を改め、市民(移住者・二地域居住者を含む)
 ご指摘にある区分けが生まれることがないように交流等ができるように進めていくということが計画全体を通した考え方となります。誤解を与えることがないような文章となるよう変更します。

【財政健全化の推進】
 上記の観点から、担当部署は勇気を持って果敢に行動することを期待すると同時に財政健全化を考えほしい。人口減少等が進む中では、財政を考慮することを進言する。

1  財政運営につきましては、将来における負担や財源確保策を含め適切な運営に努めておりますが、生涯活躍のまちの構築に向けた取組についても、移住等による税収や社会保障、さらには消費まで含めた推計を行っております。引き続き検討を行いながら推進していきます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-78-0612