閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 市政
  3. パブリックコメント
  4. これまでの取組み
  5. 平成28年度
  6. 笠間市公共施設等総合管理計画(案)
  7. 意見に対する市の考え方(笠間市公共施設等総合管理計画(案)について)

市政

意見に対する市の考え方(笠間市公共施設等総合管理計画(案)について)

案件名
笠間市公共施設等総合管理計画(案)
意見提出期間
平成28年8月1日(月曜日)~8月22日(月曜日)まで22日間
提出方法別人数
提出方法
人数(人)
直接提出
0
郵送
1
ファックス
0
メール
0
合計
1
意見の公表
意見等の概要
意見数
市の考え方(対応)
 「第2章 課題と現状、2.財政の状況、(1)歳入の状況」の中で、歳入内訳の30%が地方税と表してあるが、具体的な内訳を多い順に説明してほしい。
1
 平成26年度一般会計歳入歳出決算書によりますと、歳入で地方税(市税)の総額は約90.8億円で、その内訳を金額の大きい順に申し上げますと次の通りとなります。
1.固定資産税 約44.0億円
2.市民税 約39.4億円
3.市たばこ税 約 5.7億円
4.軽自動車税 約 1.7億円
 「第3章 総合的かつ計画的な管理に関する基本方針、2.総合的管理に関する基本的方針、(3)将来更新費用を縮減します」の中で、民間活力(PFI、PPP、民間委託等)とあるが、具体的内容の説明を希望します。
1

 PFI(Private Finance Initiative)は、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法です。
 PPP(Public Private Partnership)は、公共サービスの提供において何らかの形で民間が参画する方法を幅広く捉えた概念で、民間の資金やノウハウを活用し、公共施設等の整備等の効率化や公共サービスの水準の向上を目指すことで、主要な手法としては、PFI方式、指定管理者制度、民間委託等があります。
 民間委託は、公共施設等の管理運営業務について、詳細な業務運営を定めず、一連の業務を民間企業に委ねることで、民間の創意工夫を活かした効率的なサービス提供及び、施設等の維持管理費の削減、長寿命化を図る手法です。
 本市においても、公共施設等の建設や公共事業に民間活力の導入を検討し、コスト削減に努めていきたいと考えております。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-78-0612