閉じる

読み上げる
  1. ホーム
  2. 市民生活
  3. 福祉・介護
  4. 新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保険福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて

市民生活

新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保険福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて

令和2年4月24日付の厚生労働省からの通知により、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、急を要さない診断書の取得等のみを目的とした受診を回避するため、精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いが決定されました。


【対象となる方】
「令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間」に現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳の有効期限を迎える方で、更新手続きにおいて手帳用診断書の提出が必要な方




【臨時的な取り扱い】
現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳を更新する際、手帳用診断書の提出を1年間猶予されます。猶予期間は現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳の有効期限から1年以内です。診断書の提出自体が免除されるわけではないので、1年以内に診断書を提出する必要があります


 

【注意事項】
更新手続きを猶予するものではありません。申請書の提出は現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳の有効期間内に済ませてください
精神障害者保健福祉手帳と自立支援医療受給者証(精神通院)を手帳用診断書で同時申請される方は、可能な限り通常通りのお手続きをしていただくことをおすすめします
・手帳の記載内容に変更のある方、等級変更を希望される方、他の自治体から転入された方は別途手続きが必要です。
・精神障害者保健福祉手帳に関しての臨時的な取り扱いは、手帳用診断書で更新される方が対象となるため、障害年金の年金証書等の写しで更新される方については、通常通りの更新手続きが必要になります


 

【関連書類】
厚生労働省(新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続の臨時的な取扱いについて)

 




問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは社会福祉課です。

〒309-1792  笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファクス番号:0296-77-1162