目的の情報を探し出す便利な検索

読み上げる

市民生活

  1. ホーム
  2. 市民生活
  3. 保健・医療
  4. 医療費などの助成事業
  5. HPVワクチン任意接種費用助成のお知らせ

HPVワクチン任意接種費用助成のお知らせ

定期接種の対象年齢を過ぎてHPVワクチンを任意(自費)で接種を受けた方に、当該任意接種の費用の助成を行うこととなりましたので、該当する方は保健センターに申請していただきますようにお願いいたします。

1.助成対象者(下記のすべての条件を満たす方)

・令和4年4月1日時点で笠間市に住民登録がある方

・平成9年4月2日~平成17年4月1日生まれの女性

・定期接種の対象年齢を過ぎてから、令和4年3月31日までに2価または4価のHPVワクチンを日本国内で自費で接種した方

    ※定期接種の対象年齢:12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの女子

 

2.申請期限・申請場所

  令和7年3月31日までに笠間市保健センターに申請

 

3.必要書類

・HPVワクチン任意接種費用助成申請書兼請求書(様式第1号)

・支払額、接種回数が分かる領収書(原本)

  【ない場合は、申請年度の市の基準額を助成】

・接種記録が確認できる母子健康手帳または予防接種済証

【ない場合は、HPVワクチン任意接種費用助成申請用証明書(様式第2号)】

・被接種者の身分証明書(申請者と被接種者が違う場合、双方の証明書)の写し

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康医療政策課(健康医療政策課・保健センター・感染症対策室)です。

〒309-1734 笠間市南友部1966番地1

電話番号:0296-77-9145 ファクス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る