1. ホーム>
  2. まちづくり>
  3. 地域おこし協力隊>
  4. 【募集】副業OK!令和3年度採用 笠間市地域おこし協力隊を2名募集します!

まちづくり

【募集】副業OK!令和3年度採用 笠間市地域おこし協力隊を2名募集します!

笠間でともに挑戦する仲間を募集します!副業OK!笠間市で地域おこし協力隊になろう

1.活動内容
(1)道の駅かさまの集客に向けた販売商品開発、定期イベント開催、情報発信〈募集1名〉
【主な業務】
令和3年秋開業予定の道の駅かさまに関する以下の活動
◎道の駅で販売する商品の開発やPR
◎定期イベントの企画・調整・支援(「にぎわい」創出)
◎ホームページやSNS等でのイベント等の情報発信
◎その他、市が支持する活動(オリジナリティ溢れる事業提案)
※上記活動のほか、笠間市が実施する移住促進事業への協力活動等も行います。

 ≪建築中の道の駅の様子や運営計画などについては、「道の駅かさま」のページをご覧ください≫

(2)新しい手法により移住推進を図るための活動〈募集1名〉
【主な業務】
移住推進を図るための以下の活動
◎市の魅力を伝える情報発信や交流イベント等の企画・運営
◎移住希望者からの問い合わせ対応、移住体験施設や市内の案内
◎移住者が住むための空家の掘り起こし・マッチング
◎その他、隊員のスキル等を活用した活動、市が実施する移住支援事業への協力等
※上記活動のほか、笠間市が実施する産業振興に関する業務等も行います。

 ≪笠間市の移住に関する取り組みについては、「移住・二地域居住」のページをご覧ください≫


2.募集対象
  (1)現在、三大都市圏内の都市地域等(政令指定都市含む)に住民票を有し、隊員としての活動決定後は笠間市内に住民票及び生活拠点を移すことができる方

  (2)年齢満20歳以上の方(令和3年4月1日現在)
  (3)心身ともに健康で、行政や地域住民とのコミュニケーションが図れ、地域づくり活動に意欲と情熱があり、積極的に活動できる方
  (4)普通自動車免許を取得し、日常的な運転が可能な方
  (5)パソコンの操作(ワード・エクセル・パワーポイント・メール等)及びインターネット、SNS等の知識を有し、容易に活用できる方
  (6)地域おこし協力隊としての活動期間終了後も笠間市に定住し、就業しようとする意欲のある方
  (7)活動に際して市の条例や規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
  (8)地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格事項に該当しない方
   ※(8)の地方公務員法第16条の規定とは、例えば、ご自身が「成年被後見人又は被保佐人」に該当する場合は、募集対象から外れます。(他にも欠落事項の規定あり)

3.活動地域
  笠間市内(市外での活動あり)

4.活動日数等
  (1)活動時間は、1日につき7時間30分となります。
  (2)活動日は原則として、月20日以内となります。(土日・祝日の活動あり)

5.雇用形態
 (1)道の駅に係る協力隊
  道の駅の業務に係る協力隊は、「任用型」及び「委託型」の2つの形態で募集します。書類選考や面接時に応募者の方へご意見をお聞きしながら、どちらの地域おこし協力隊として活動いただくかを決定します。
 (2)移住促進に係る協力隊
  移住促進の業務に係る協力隊は、会計年度任用職員として任用(笠間市との雇用関係あり)を行います。

6.雇用形態・報酬等について
 
【任用型】※移住推進に係る協力隊は任用型の募集です。

雇用形態
笠間市との雇用関係あり(会計年度任用職員として任用)
※笠間市地域おこし協力隊として笠間市長が任用します。
雇用期間

任用日から令和4年3月31日
 ※雇用開始日は相談のうえ決定します。
 ※年度終了時に、活動に取り組む姿勢や事業成果、ヒアリング等により、次年度への更新について判断します。(最長3年目の年度末まで)

報酬等 (1)日額8,250円を勤務日数に応じて支給します。(例)20日間勤務した場合、165,000円/月
 ※ただし、早退、遅刻などをした場合は、時給に換算した額を支給します。
(2)6月と12月に期末手当(ボーナス)を支給します。
 ※採用日により最初の支給月・支給額は異なります。
 ※(1)(2)とも社会保険料等の本人負担分が差し引かれます。
住居 期間中の住居は、市が借り上げた住居を無償貸与します(家賃月額50,000円以下の物件)。ただし、転居にかかる費用や生活必需品、光熱水費等生活に必要な費用は自己負担となります。
車両 活動に使用する車両は、原則個人車両の持ち込みとし、車両使用料(燃料代含む)15,000円/月を支給します。ただし、雇用開始後6ヶ月までは車両を用意する準備期間として、市が借り上げた車両の貸与も可能です。
待遇・福利厚生

 (1)年次有給休暇を取得できます。
 (2)社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険等)に加入します。
 (3)活動に要する経費は、活動内容に応じて予算の範囲内で負担します。
 (4)休暇日等で業務に支障がなければ、副業を認めます。
 (5)協力隊が任期後に笠間市内に定住するため、市内での起業に要する経費に対する補助制度が使える場合があります。


【委託型】※道の駅に係る協力隊のみ選択できます。

雇用形態 ・個人事業主として市と委託契約を締結して活動していただきます。
※市との雇用契約はないため、健康保険及び年金保険料等は自己負担となります。国民健康保険、国民年金に加入してください。
・市との雇用関係はないため、委託業務以外に収入を得ることを妨げません。ただし、委託業務遂行の支障にならない範囲での行動をお願いします。
期間 ・協力隊は市長が委嘱し、委嘱期間は委嘱の日から令和4年3月31日までとします。
・次年度以降の委嘱については、年度終了時に、活動実績や事業成果を勘案して判断します。(最長3年目の年度末まで)
委託料 以下(1)~(2)を合わせたものを隊員の委託料としてお支払いします。
(1)活動の対価
 ア.日額8,250円を勤務日数に応じて支給します。
(例)20日間勤務した場合、165,000円/月
 イ.6月と12月に期末手当(ボーナス)を支給します。
 ※委嘱日により採用日により最初の支給月・支給額は異なります。
 ※市の会計年度任用職員の基準に準じて支給します。

(2)活動に要する経費
 市の予算の範囲内の額で、以下等の経費を含めることができます。
 ア.住居
 個人での契約とし、活動期間中の居住の契約額のうち、月額50,000円を上限として支給します。
 ※共益費、駐車場代を含みます。
 ただし、敷金、礼金、転居にかかる費用や生活必需品、光熱水費等生活費に必要な費用は自己負担となります。
 イ.車両
 活動に使用する車両は、自家用車(任意保険加入済み)とします。借り上げ料及び燃料費として、15,000円/月を支給します。
 ウ.その他協力隊の企画に応じた事業費、事務用品等活動に要する経費


7.応募期間
  
 ※随時申し込みを受け付け、選考を行います。
 定数に達した場合、早期に募集を終了することがありますので、応募の際は必ず事前に電話等でお問い合わせください。

8.応募方法

  次の(1)~(3)の書類を下記の申込先まで郵送またはメールで提出してください。

<提出書類>
  (1)「笠間市地域おこし協力隊応募用紙」
     ※「笠間市地域おこし協力隊活動目標レポート」も必ずご記入ください。
  (2)住民票の写し(令和3年3月1日以降のもの)
  (3)普通自動車運転免許証の写し

9.選考方法
 (1)一次選考・・・応募時の提出書類による書類審査
         提出書類を審査し、応募要件の適否を決定します。
         ※審査結果および面接審査の日程については文書またはメール等にて通知します。

 (2)二次選考・・・面接審査
         

10.申込及びお問い合わせ先 

笠間市 企業誘致・移住推進課
  〒309-1792  茨城県笠間市中央三丁目2番1号
  電  話:0296-77-1101(内線592:企業誘致・移住推進課)
  F A X:0296-77-1324
  メール:akiya★city.kasama.lg.jp(★を@に変えてください)

 ※現在活動中の笠間市地域おこし協力隊については以下のリンク先をご覧ください。
    笠間市地域おこし協力隊のページ

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企業誘致・移住推進課 移住推進Gです。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1324

スマートフォン用ページで見る