1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 保険・福祉・医療のお知らせ>
  4. 熱中症による救急搬送者が増えています! 熱中症予防をしましょう

保険・福祉・医療

熱中症による救急搬送者が増えています! 熱中症予防をしましょう

 

急激な猛暑により、熱中症による救急搬送者が増えています。
気温の高い日が続くこの時期、熱中症予防・対策に努めましょう。

また、感染症対策としてマスク生活が長引くなか、熱中症リスクがさらに高まっています。
新しい生活様式(新型コロナウイルス対策)を取り入れるなかでも、熱中症に注意をしましょう。

 令和2年度の熱中症予防行動(新しいウインドウで開きます)

 

熱中症予防のポイント

(1)暑さを避けましょう
 ・エアコンを利用する等、部屋の温度を調整
 ・感染症予防のため、換気をしながらエアコンの温度設定をこまめに調整
 ・暑い日や時間帯は無理をしない
 ・涼しい服装にする
 ・急に暑くなった日等は特に注意する

(2)適宜マスクをはずしましょう
 ・気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
 ・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす
 ・マスクを着用時は負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離をとった上で、適宜マスクをはずし休憩を
 ※2歳未満の子どもにマスクを使用させるのはやめましょう
   ▼2歳未満のマスクについて(新しいウインドウで開きます)

(3)こまめに水分補給しましょう
 ・のどが渇く前に水分補給
 ・1日あたり1.2リットルを目安に
 ・大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

(4)日頃から健康管理をしましょう
 ・日頃から体温測定、健康チェック 
 ・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養

 

(5)暑さに備えた体づくりをしましょう
 ・涼しい時間帯に適度に運動を 
 ・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(健康増進課・保健センター)です。

〒309-1734 笠間市南友部1966番地1

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る