1. ホーム>
  2. まちづくり>
  3. 地域おこし協力隊>
  4. 笠間市地域おこし協力隊

まちづくり

笠間市地域おこし協力隊

令和2年度採用笠間市地域おこし協力隊募集中!!

地域おこし協力隊とは、総務省が平成21年度から取り組んでいる制度で、概ね1年以上最長3年の期間、都市部の意欲ある人材が地方へ移住し、地域力の維持・強化を目的とした支援活動を行うものです。笠間市では平成25年度より地域おこし協力隊を受け入れ、現在3名の隊員が活動しています。

地域資源を発掘し、それらを活用した振興活動などを通じて、地域活性化への起爆剤になることを期待しています。
『『令和2年度地域おこし協力隊』の画像』の画像
≪基本活動≫
行政や地域住民および関係団体などと連携し、次に掲げる活動を実施しています。 
・地域資源の発掘及び地域資源活用に関する活動
・産業振興に関する支援活動
・伝統文化継承に関する支援活動
・定住促進に関する支援活動
・その他、地域活性化に関する活動

≪具体的な活動≫
・各種イベント協力 ・ウェブ等の整備、情報発信活動 ・まちづくり活動への参画等 ・年2回の定期報告会の開催 ・住民、関係者、各団体との連携 ・自主提案事業の企画、運営 ・定住、定着のための組織づくりなど

笠間市地域おこし協力隊のご紹介 

 大坪 桂 隊員

『大坪さん』の画像 【活動年数】3年目
 【活動分野】観光振興
 【前住所】千葉県船橋市
 【プロフィール】
 千葉県の中学校を定年退職して笠間に移住しました。以前から憧れていた田舎暮らしをしながら地域のお役に立ちたいと、首都圏の中学生や海外の学生さんに笠間に来て「民家体験」をしてもらう『笠間ふれあい体験旅行』の事業を始めました。これまで延べ380軒の民家のみなさんの協力を得て、国内外の学生を中心に約2200名のみなさんが笠間での「民家体験」をしました。
訪れた方、受け入れ民家の双方が笑顔になる「笠間ふれあい体験旅行」をこれからも盛り上げていきたいと思っています。

【意気込み】
私が笠間に惹かれたのは穏やかな里山の風景の中で、陶芸や農業など自然や伝統と調和した、地に足のついた人々の暮らしがあると感じたからです。私は笠間の持っているこうした価値を広く首都圏や海外に発信し、地方が持つ暮らしの価値と、都会や海外の人々との橋渡しをしたいと思っています。
そのため民泊などの取り組みを通して、笠間と首都圏や海外との継続的な人とのつながりを作り、笠間を老若男女が集う元気なまちにしていきたいと思っていますので皆さんよろしくお願いします。

【活動内容】
・民泊やゲストハウスなどの開業支援(住宅宿泊事業法届け出のサポート)
・「笠間ふれあい体験旅行」の推進

  ※大坪隊員のインタビュー記事はこちらから!(新しいウインドウで開きます)

岡本 浩二 隊員

『『岡本隊員』の画像』の画像【活動年数】2年目
【活動分野】笠間クラインガルテンの運営強化
【前住所】兵庫県姫路市
【プロフィール】大阪で生まれ、前職は流通業界でレジ等を製造販売する会社に勤めていました。 若いころから田舎暮らしに興味を抱いており、定年まではあと5年ありましたが、仕事と娘の結婚をきっかけに、笠間市地域おこし協力隊へ応募いたしました。前職の経験を活かして、クラインガルテンの農産物直売所を盛り上げられればと思っています。

【意気込み】昨年度はクラインガルテン農産物販売所を盛り上げようと必死でした。その結果として11月からは昨年よりも良い実績が出せており、地域の皆さんのお役に立てているのではと実感しています。キッズコーナーや土日メニューと、今までになかったサービスに取り組み、皆さんが笑顔で集まっているのが幸せです。
2年目の活動としては、農産物販売所に品出しいただける農家さんを増やし、クラインガルテンでしか味わえないメニューを増やし、クラインガルテンだからこそ体験できるメニューを充実させる事を目標にし、より一層地域の皆さんの集える場所となるよう取り組みたいと思います。
任期終了後は、笠間でカフェやレストランのような皆が集える場を作れるように頑張りたいと思っています。 関西弁がアピールポイントとして覚えていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

【活動内容】
笠間クラインガルテン農産物販売所の活性化

川島 拓 隊員

『『『川島隊員』の画像』の画像』の画像【活動年数】2年目
【活動分野】農業振興
【前住所】北海道札幌市
【プロフィール】小美玉市の出身で大学は農学部に進みました。アルバイトをさせてもらっていた農家との出会いをきっかけに農業に興味を持ち、日本各地の農家と出会うなかで自分も農業をして生きていきたいと思うようになりました。
大学卒業後は金融機関に就職し、北海道の農業者への融資審査や営業を担当していました。北海道も大変魅力的なところでしたが、地元茨城で就農したいという思いが高まり、笠間市の協力隊になることを決めました。

【意気込み】1年目の活動を通じて、笠間市の農業にはたくさんの魅力があると感じています。この魅力をたくさんの人に知ってもらい、少しでも笠間市の農業を盛り上げるお手伝いができるように頑張ります!
就農に向けた活動も、地域の皆様から笠間市の農業について教えていただきながらじっくりと進めていきたいと思っていますので引き続きよろしくお願いいたします。

【活動内容】
・農業の振興に関する地域活動

 

協力隊からの情報発信

日々の活動の様子については、協力隊が随時更新しているフェイスブックからご覧いただけます。笠間市地域おこし協力隊フェイスブック(Facebookへ) https://ja-jp.facebook.com/Kasamartowa 

その他毎月「広報かさま」に活動内容を連載していますので、ご覧ください。
広報かさまバックナンバー https://www.city.kasama.lg.jp/page/dir000429.html

 

参考

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0612

スマートフォン用ページで見る