1. ホーム>
  2. まちづくり>
  3. 地域おこし協力隊>
  4. 笠間市地域おこし協力隊

まちづくり

笠間市地域おこし協力隊

「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」「人とのつながりを大切にして生きていきたい」

「自然と共存したい」「自分の手で作物を育ててみたい」・・・。 今、都市に住む人たちがさまざまな理由で豊かな自然環境や歴史、文化等に恵まれた「地方」に注目しています。

地域おこし協力隊とは、総務省が平成21年度から取り組んでいる制度で、概ね1年以上最長3年の期間、都市部の意欲ある人材が地方へ移住し、地域力の維持・強化を目的とした支援活動を行うものです。笠間市では平成25年度より地域おこし協力隊を受け入れ、現在5名の隊員が活動しています。『『協力隊5名』の画像』の画像

地域資源を発掘し、それらを活用した振興活動などを通じて、地域活性化への起爆剤になることを期待しています。

≪基本活動≫
行政や地域住民および関係団体などと連携し、次に掲げる活動を実施しています。 
・地域資源の発掘及び地域資源活用に関する活動
・産業振興に関する支援活動
・伝統文化継承に関する支援活動
・定住促進に関する支援活動
・その他、地域活性化に関する活動

≪具体的な活動≫
・各種イベント協力 ・ウェブ等の整備、情報発信活動 ・まちづくり活動への参画等 ・年2回の定期報告会の開催 ・住民、関係者、各団体との連携 ・自主提案事業の企画、運営 ・定住、定着のための組織づくりなど

笠間市地域おこし協力隊のご紹介 

 河又 恵太 隊員

『河又さん2』の画像

【活動年数】3年目
【前住所】神奈川県
【プロフィール】
 茨城県北茨城市出身。進学を機に上京し、東京・神奈川で過ごした後に妻とともに笠間に移住してきました。前職は日本茶の販売をしており、協力隊卒業後も日本茶に関わる仕事ができたらと考えています。



【意気込み】
友部駅前に、自分で空き家を改修してカフェ「まちのベンチ」を作りました。ここを拠点に、友部駅前の活性化に関わる活動をしていきます。ゆっくりと過ごしていただけるような空間を目指していますので、ぜひのぞいてみて下さい。
移住してきた方と地元の方が少しでも繋がれるような事、駅前の空き店舗の活性化に関わる事など、拠点を作ったからこそできる「こと」に取り組んでいきたいと思いますので、卒業までのあと1年間そして、その後も温かく見守っていただければと思います。

【活動内容】
・まちのベンチ運営、イベントの企画
・日本茶に関わるイベントの開催
・移住交流促進に関わる活動

  ※河又隊員のインタビュー記事はこちらから!(新しいウインドウで開きます)

久保  葵 隊員

『久保さん2』の画像【活動年数】3年目
【前住所】東京都
【プロフィール】
岩手県出身。大学では社会学部でグリーン・ツーリズムを学びました。
ブライダル業界、花屋でのフローリストを経て、2017年9月に協力隊として笠間に移住してきました。「農・食・陶」のある暮らしを目標に、今年は野菜作りにも挑戦してみたいと考えています。


【意気込み】
移住して一年半、笠間に住んでみてこそわかる魅力を日々感じています。
一過性の観光では見えてこない、季節のうつろいを感じられる里山の景色の美しさ、そこに生きる人たちの丁寧な暮らし、その生活に寄り添うような文化や芸術。笠間に住む人々の「営み」を一緒に体験したことで、こんなに豊かな生き方はないと実感しました。まさにクラインガルテンは、そういった豊かな営みを「農」を通して体感できる場なのだと強く感じます。ガルテンでの都市農村交流を通して、笠間の本当の魅力を体感してもらう場づくりに取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

【活動内容】
・クラインガルテンを拠点とした都市農村交流に向けた活動
・クラインガルテンの活性化に向けた活動
・クラインガルテンのPRや情報発信
・農泊やグリーンツーリズムの推進に関する活動

 ※久保隊員のインタビュー記事はこちらから!(新しいウインドウで開きます)

大坪 桂 隊員

『大坪さん』の画像 【活動年数】2年目
 【活動分野】観光振興
 【前住所】千葉県船橋市
 【プロフィール】
千葉県の中学校を定年退職して、以前から憧れていた笠間と船橋との二地域居住を始めました。そして地域の役に立ちたいと首都圏の中学生や海外の学生さんに笠間に来て「民家体験」をしてもらう『笠間ふれあい体験旅行』の事業を始め、これまで約130軒の民家のみなさんの協力を得て、約1,000名の首都圏の中学生と国内外の約300名の学生が「民家体験」を経験し、生徒にも受け入れ民家のみなさんにも大変好評をいただきました。

【意気込み】
私が笠間に惹かれたのは穏やかな里山の風景の中で、陶芸や農業など自然や伝統と調和した、地に足のついた人々の暮らしがあると感じたからです。私は笠間の持っているこうした価値を広く首都圏や海外に発信し、地方が持つ暮らしの価値と、都会や海外の人々との橋渡しをしたいと思っています。
そのため民泊などの取り組みを通して、笠間と首都圏や海外との継続的な人とのつながりを作り、笠間を老若男女が集う元気なまちにしていきたいと思っていますので皆さんよろしくお願いします。

【活動内容】
・民泊やゲストハウスなどの開業支援(住宅宿泊事業法届け出のサポート)
・「笠間ふれあい体験旅行」の推進

  ※大坪隊員のインタビュー記事はこちらから!(新しいウインドウで開きます)

岡本 浩二 隊員

『『岡本隊員』の画像』の画像【活動年数】1年目
【活動分野】笠間クラインガルテンの運営強化
【前住所】兵庫県姫路市
【プロフィール】
大阪府の出身で、前職は流通業界を中心とした省力化機器(レジ等)の会社に勤務し、営業所勤務や本社での製品企画、新規市場開拓プロジェクトなどを経験してきました。定年まではまだ5年ありましたが、大きなプロジェクトの区切り、子供達の独立などを機に、これからの生活を考えて移住に関していろいろ調べていたところ、笠間市地域おこし協力隊の応募と出会いました。若い頃から定年後は農業に関わる生活をと考えていたので、一度の人生まだまだ挑戦したく、33年間勤めた会社を早期退職し応募いたしました。

【意気込み】
これまでの経験を生かしクラインガルテンをより賑やかにするため、イベントの企画や食を通した企業とのコラボ等を提案、実現出来ればと考えています。
任期終了後は、笠間でカフェやレストランや民宿のような皆が集える場を作れるように頑張りたいと思っています。
関西弁がアピールポイントとして覚えていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

【活動内容】
・笠間クラインガルテンの運営強化のための活動

川島 拓 隊員

『『『川島隊員』の画像』の画像』の画像【活動年数】1年目
【活動分野】農業振興
【前住所】北海道札幌市
【プロフィール】笠間市のお隣小美玉市生まれで、小さいころから愛宕山への登山や陶芸体験などを通じて笠間市の魅力に触れてきました。学生時代から農業が大好きで、勉強・サークル・アルバイトと農業三昧の大学時代を送り、就職後は札幌市で金融機関職員として農業者への融資審査や営業の仕事をしていました。

【意気込み】ずっと夢だった「農業で生きていく」ことに向けた第一歩として、笠間市地域おこし協力隊に採用していただき茨城に帰って来られたことをとてもうれしく思っています!
活動期間中は笠間市の農業について学びながら、少しでも地域農業の発展や課題解決に貢献できるようなことをしていきたいです。農家の出身ではありませんが、消費者としての視点を活かして農業の魅力の発信や市民のみなさんが農の豊かさに触れる機会の提供をしていきます。

【活動内容】
・農業の振興に関する地域活動

 

協力隊からの情報発信

日々の活動の様子については、協力隊が随時更新しているフェイスブックからご覧いただけます。笠間市地域おこし協力隊フェイスブック(Facebookへ) https://ja-jp.facebook.com/Kasamartowa 

その他毎月「広報かさま」に活動内容を連載していますので、ご覧ください。
広報かさまバックナンバー https://www.city.kasama.lg.jp/page/dir000429.html

 

参考

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0612

スマートフォン用ページで見る