1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 下水道>
  4. 公共下水道>
  5. 融資あっせん制度について

くらし・手続き

融資あっせん制度について

融資あっせんの対象工事

市では、水洗便所の普及促進と環境衛生の向上を図るため、公共下水道への接続工事等に要する費用の融資あっせんを行い、その利子の全額を補給しております。融資あっせんの対象工事(以下「改造工事等」といいます)は、次のとおりです。

  1. くみ取りトイレを水洗トイレに改造する工事
  2. 既設の浄化槽を廃止して公共下水道に接続させるための工事

融資あっせんの対象者

融資あっせんの対象者は、次の要件に該当し、改造工事等をしようとする者とします。(新築・法人その他の団体は除きます)

  1. 下水の処理を開始すべき日から3年以内であること。
  2. 処理区域内における建築物の所有者又はその建築物の所有者の同意を得た方。
  3. 市税、公共下水道事業受益者負担金及び水道料金を滞納していない方。
  4. 笠間市に居住し、独立の生計を営む連帯保証人を有すること。

融資あっせんの条件

融資あっせんの条件は、以下のとおりです。

融資あっせんの額 改造工事費の範囲内とし、1件につき60万円を限度とします。
2件以上またはアパート等の場合は、総額につき120万円を限度とします。
申請書の
添付書類
・排水設備計画(変更)確認申請書
・納税証明書
・工事見積書
・その他市長が必要と認める書類
返済期間 36ヶ月(3年)以内とします。ただし、繰上返済をすることができます。
返済方法 元金均等月賦払とします。
利子の補給 利子は、市が補給します。
ただし、返済が遅れた場合の遅延利子は、利子補給の対象とはなりません。
利子補給金の支払 6ヶ月ごとの後払とし、その支払日は、9月及び3月の各末日とします。
決定の取消し 次に該当する場合は、市は融資あっせんの決定を取り消し、それまでに支払った利子補給金を返還していただきます。
・偽りその他不正な手段により、改造資金の融資を受けたとき。
・融資資金を他の用途に使用したとき。
・故意又は重大な過失により、笠間市公共下水道条例又は同条例施行規則に違反したとき。

※この制度を受けると、下水道接続補助金は受けられません

融資あっせんの手続き

融資あっせんの申し込みから融資までの手続きは、以下のようになります。

【1】申請者は、指定工事店に融資あっせんを申し込みます。
申請者は、必要な書類を指定工事店に提出します。

【2】指定工事店は、申請書を作成し、市に提出します。
書類の作成・提出は、指定工事店が代行します。

【3】市は、設計内容等を確認し、融資あっせんを決定します。
市は、申請者に融資あっせん決定通知書を交付します。

【4】申請者は、金融機関に融資を申し込みます。
融資あっせん決定通知書その他金融機関が必要とする書類を提出します。

【5】指定工事店は、改造工事等を施工し、完成後、市の検査を受けます。

【6】市は、検査合格後、融資依頼書を金融機関に送付します。

【7】金融機関は、申請者に資金を融資します。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは下水道課です。

〒309-1723 笠間市矢野下750番地(浄化センターともべ内)

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0854

スマートフォン用ページで見る