1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. ノロウィルスに注意しましょう

保険・福祉・医療

ノロウィルスに注意しましょう

 

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。これからの時期、感染しないように気をつけましょう。

 

◆どうやって感染する?

 ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染します。潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

 

◆感染してしまったら?

 まずは、症状が出たら病院へ相談しましょう。

現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。このため、通常、対症療法が行われます。特に、体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。

 止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいでしょう。

 

◆予防の方法は?

(1)  食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗いましょう。

(2)  加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱しましょう。

(3)  下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。

(4)  身近の方が胃腸炎になってしまった場合、排泄物を適切に処理し、感染を広げないようにしましょう。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(健康増進課・保健センター)です。

〒309-1734 笠間市南友部1966番地1

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る