1. ホーム>
  2. 農業・商工業者向け情報>
  3. 農業・商工業者向け情報のお知らせ>
  4. 農産物の高温による生育影響にご注意ください。

農業・商工業者向け情報

農産物の高温による生育影響にご注意ください。

 災害に相当する高温の天候が続いていることにより、農産物の生育に影響が出る

ことが懸念されます。農作物の適切な管理を徹底してください。

【高温障害の例】

 ◇水稲・・・乳白粒や背白粒の発生

 ◇果樹・・・顆粒に日焼け、縮果症、小玉傾向

 ◇野菜・・・発芽不良、日焼けやチップバーン等生理障害、過肥大、肥大不足、

                    枯死、立枯病、軟腐病などの発生

 ◇花き・・・開花遅延、草姿のバランス悪化、虫害などの発生

 

 その他様々な影響が予想されますので、生育に異常が見られましたら、農業改良

普及センターにご相談ください。

 

【相談先】

 茨城県県央農林事務所 笠間地域農業改良普及センター

 〒309-1611

 茨城県笠間市笠間1531

 TEL:0296-72-0701

 

【参考 主な症状の内容】              

              ○乳 白 粒                ○背 白 粒 
   『乳白粒』の画像    『背白粒』の画像
        (白色不透明な部分があるもの)   (背部に白色不透明な部分があるもの)

         ※画像については、お使いのパソコン等の環境によって色の差異が生じる

         場合がございますので、ご注意ください。

 

  ○縮果症:果皮下の果肉部に斑点が生じ、しだいに黒変して果粒がへこむ症状

  ○チップバーン:葉の先端が茶色に枯れてくる症状

  ○立枯病:カビが原因の病気。幼苗期は地際付近の茎が水で染みたようになり

                   腐敗する。株の成長後は、急激に生育が衰えはじめたり日中に株全体が

        萎れたりする。

  ○軟腐病:複数の細菌が原因の病気。地上部及び地下部の新鮮な柔組織に侵入、

        感染して被害を生じる。病斑部は、はじめ水浸状となり、これが次第に

        拡大し、軟化腐敗して、特有の悪臭を発するようになる。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1146

スマートフォン用ページで見る