1. ホーム>
  2. 観光・文化>
  3. 観光・文化のお知らせ>
  4. 笠間市観光振興基本計画

観光・文化のお知らせ

笠間市観光振興基本計画

笠間市観光振興基本計画


「笠間市観光振興基本計画」は、観光部門の基本計画として、笠間市が有する自然・歴史・芸術・文化など地域の豊富な観光資源を戦略的に結び付け、笠間市の魅力を高め、国内外の観光需要を笠間市に取り込むために策定しているものです。
第1次計画は,笠間市の合併を契機として、平成20年度に初めて策定され、基本理念を「文化交流都市・笠間」とし,平成29年度までの10年間、農商工連携やグリーンツーリズム,広域交流による観光振興などに重点を置いて進められてきました。
この間,笠間市の観光を取り巻く環境は大きく変化しており,平成30年度からの第2次計画は,平成34年度までの5年間とし,インバウンドへの対応や観光ニーズに合致した情報発信・人材育成などに重点を置いて,「笠間らしい魅力あふれる創造性豊かな観光のまち」を目指すこととしています。

 

基本的視点

市民が主役の観光まちづくり

「文化交流都市・笠間 ~笠間らしい魅力あふれる創造性豊かな観光のまち~」を実現していくためには、市民一人ひとりが、まちを知り、好きになることが大切です。それは、笠間市に愛着と誇りを持った市民が地元を語ることで外から人が集まり、市民と共にまちを楽しむことで、「笠間市のファンやサポーター」になる人を増やしていくことが、観光振興には重要であるからです。
さらに、再来訪の機会を創出することで観光に関わる産業が潤い、市内の雇用が守られたり、市外から働きに来る人や移り住む人が増えたりすることにつながれば、観光は「まちづくり」そのものになります。

また、笠間市を訪れた人と市民が共にまちを楽しむためには、「まち歩き」を楽しめる環境づくりも大切です。そのためには、観光客が徒歩や自転車で笠間市の文化、食、市民との交流などをゆっくり楽しめる「観光客にやさしい」まちづくりが必要です。そして、このようなまちは、観光客だけでなく、市内の子どもやお年寄りなど、市民に対してもやさしく、暮らしやすいまちになります。

そのため本計画においては、「市民が主役の観光まちづくり」を基本的視点として、市民の郷土愛の醸成や市民の主体的な取組みへの支援などの「ひとづくり」、市内の回遊を安心して楽しめる「やさしいまちづくり」を重視した取り組みを進めます。

計画期間

平成30年度から平成34年度の5年間

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工観光課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1146

スマートフォン用ページで見る