1. ホーム>
  2. まちづくり>
  3. 移住・二地域居住>
  4. 笠間市移住体験施設 『かさちょこHOUSE』>
  5. 笠間市移住体験施設 『かさちょこHOUSE』 利用者インタビュー

まちづくり

笠間市移住体験施設 『かさちょこHOUSE』 利用者インタビュー

 

平成30年3月にかさちょこHOUSEを2週間利用し、

その後4月に笠間市に移住されたやきもの作家の大橋美里さん(作家名:東京ミサトオオハシ)。

笠間市に移住した理由や『かさちょこHOUSE』を利用された感想などをお聞きしました。 

 

『大橋さん(1)』の画像


大橋美里さん (作家名:東京ミサトオオハシ)

神奈川県の横浜市出身です。

多摩美術大学大学院博士前期課程美術研究科工芸専攻を卒業後、
企業でデザイナーやOLとして働いていました。

働いていた6年間は、制作活動はしていなかったのですが、昨年(平成29年)の3月から再開しました。

育児のかたわら、東京(下北沢)と京都にあるBOXギャラリーなどで展示・販売をしていて、
今年(平成30年)4月笠間市に移住をしてから本格的に制作活動を開始しました。

現在は、陶器のピンバッチなどの作品を制作しています。

 

Question1.笠間市に移住したきっかけは?

 

 『大橋さん1』の画像

 

Answer1. 

本格的に制作活動を始めるにあたり、

焼き物の産地に行ってみたい、産地に住んでみたいという気持ちが強くあり、

焼き物で有名な笠間市や益子町、金沢市などを移住の候補地としていました。

その中から、幼いころに大洗海水浴場によく遊びに行っていたので馴染みもあり、
東京にも近い茨城県の笠間市にしよう!と決めました。

リーズナブルに借りられて、移住準備ができる『かさちょこHOUSE』があった点も選んだ理由の一つです。

 

Question2.「かさちょこHOUSE」を知ったきっかけと利用した感想は?

 

『大橋さん2』の画像

 

Answer2.

移住をするにあたり、まず東京都にある都道府県会館の茨城県事務所に行き相談をしたところ、
かさちょこHOUS
Eについて教えて頂きました。

利用していた2週間の間に、東京では車の運転をほとんどしていなかったので、
ペー
パードライバー研修を受けたり、物件を見に行ったりと移住準備をしていました。

かさちょこHOUSEの場所が駅から遠く、
車がないと買い物などにいけない点は少し不便
に感じましたが、
利用料もかなりリーズナブルで、滞在中
に運転にも慣れ各所を回り、
笠間市での暮らしを実際に体
験できたことはとても良かったです。

 

Question3.笠間市に住んで良かった点は?

 

『大橋さん3』の画像

 

Answer3.

近所の方には娘も可愛がって頂いていますし、
みなさんと
っても温かいです。

また、自然豊かで夕焼けも星空も本当にきれいで、
普段JAで買っているお米や野菜も、
東京で
買うものより美味しくてびっくりしています。

家の近くには釣りが楽しめる施設があったり、
四季折々のイベントも
開催されていて、
のびのびと地元の子供たちと一緒に遊び
まわれるので、
これからの娘の成長が楽しみです。

 

Question4.今後の目標は?

 

『大橋さん6』の画像

 

Answer4.

来月からは娘も保育園に入園し、
今までより作品に向き合
う時間ができるので、
本格的に制作活動を始めていこうと
思っています。

移住してまだ1ヶ月程で納品までにこれから時間がかかりますが、
現在市内2店舗のギャラリーで作
品を置いて頂く予定です。

これからは、引き続きギャラリーなどをまわって作品を知って頂けるよう活動をしていくとともに、
陶器のピンバッチなどの作品だけでなく、
大好
きな植物とコラボレーションした作品や美術作品にも力を入れていきたいです。

 

 

笠間市移住体験施設 『かさちょこHOUSE』については、こちらのページをご覧ください。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり推進課です。

〒309-1792 茨城県笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-5009

スマートフォン用ページで見る